< シリーズ “想い”  その136>

メンテナンスアドバイザー 
【2011.11.27】

 

 先月号は若手につい、ゲキを飛ばしてしまったが、今回は同年代及び先輩方への愛の手を、という何ともえこひいきな話。

 
 ジャズ界に限らずクラシック界も含め、ことアコースティック楽器を扱うプレイヤーは長年‘いい音’を目指すあまり、奏法的に見ても関節部・筋肉・神経系統等にもっとも負担のかからない状態を構築しつつ技術を積み上げていくんだが、それでも‘いい生音作り’には限りがない為に、ついこれでもかと頑張り欲張ってしまう。さらに頭の中で作戦を巡らせてこの感じでとイメージし、鍛練を積んでいくとわずかずつではあるが、実際これが‘いい音’になっていくので、これに味を占めてしまった人はもう止められなくなり、年を取ってもひたすら次を目指すことになる。

 若い間(50才以下)は少々トレーニングを欲張ってやっても身体は持ち堪えてくれる。しかし、50を過ぎて来ると長年のツケも手伝って、関節部・スジ・筋肉・神経系統等はかなり傷んで来てしまっている為に、もう無理が効かないのだ。こうなると休息も実に重要な練習メニューに入って来るし、この休息の上手い取り方を学んでいかない限り、いっぺんで楽器が弾けない事態に陥ってしまう。それでも‘いい生音作り’を目指して苦節30年ともなってくると休息だけでは徐々にカバー出来なくなり、大なり小なり専門医のメンテナンスアドバイスが必要になってくる。

 
 一見‘いい音’を出している人は見た目がスムースなので身体のパーツ(関節部・筋肉・神経系統等)に殆ど負担がかかってないかのように見えるが、どっこい‘いい音’を出す為にはそれなりの努力と身体への負担を強いらない限り出ないのだ。見てて軽やかであったりするのは、負担を軽減する為にコツコツと練り上げられてきた、あくまで結果のたまもの。端から見てて軽やかそうな動きだからとか、美しいしスムースだし楽にやってると思ったらそれは大間違い!‘いい音’ほど各パーツにかかる負担はデカイのだ。逆に言えば、あまりいい音色でないプレイヤーは見た目は大変そうでも実際はぶっちゃけ大ざっぱで実質は楽ちん。厳しく言えば、それは 手抜き奏法 と言っても過言ではない。むせっそうにやたらデカイ音で演奏するプレイヤーしかり、見た目には張り切ってそうでも実はさほど疲れない(本人は目一杯のつもりだろうが)。なので、そんなプレイヤーが多く存在してしまうのだが、・・・。

例えば、pp(ピアニッシモ)で、いい音色で、尚且ついい感じで響かせるなんて、これほど負担がかかって大変なことはない。それでもppが響くとアコースティックの音楽は極上になるので、負担は分かっていても避けて通れない、というのが純粋に音楽を愛するプレイヤーにとって厄介な所。蒸し返すようだが、ピアニッシモが楽だと思っている人は、はっきり取り違えています!

 そんな厳しい環境に長年身をさらしているベテラン・大ベテランのプレイヤーの方々に優先的に、本人は百も承知であろう傷んでいる所(パーツ)、不具合が起りつつある箇所、急に何かの拍子で傷めてしまったり、長年つきまとわれているが故にもう半ば諦めてしまっているような身体のパーツ等におけるメンテナンスアドバイザーを紹介したい。範囲は、男女を問わず、ジャズ及びクラシックのアコースティック楽器(及び歌手)を長年取り組んで来ている人で、他地域の方には大変申し訳ないんだが一応関東圏内在住で、演奏の際に身体のパーツ(関節部・スジ・筋肉・神経系統等)に痛みを覚えたり、力が入らなくなってしまったりとか、何らかの問題を抱え支障を来たしている方とさせて頂いた上で、彼は私の弟子でもあり、当HPに掲載している‘BBBS’のコーナーの著者でもある 尾崎 徹 君に何なりと相談してもらえればと、今回このコーナーを通じて彼を紹介することにしました。(ちなみに彼は横浜が拠点なんで在住圏内を限定しましたが、交通費等の諸問題がクリアーされるのであれば全国どちらからでもOKです)

 
 彼のプロフィールは彼自身に聞いてもらうのが一番確かなのですが、日頃からミュージシャンはもちろん、ダンサーやスポーツ選手などのスペシャリストなんかも数多く診て来ているし、何よりジャズベーシストということでアーティストの繊細な気持ち、心の状態、求める方角・方向性なんかも、話をすればするほどくんでくれるし、それに対する身体のパーツの回復、改善、維持におけるアドバイスとメンテナンスもいくらでも踏み込んだ所までやってくれると思います。むちゃぶりもOK。わがままも言ってみて下さい。彼が、関東圏におけるジャズ界・クラシック界の宝でもある、中でもベテラン・大ベテランの優れたプレイヤーの皆さんの、重要なバックアップスタッフの一員として受け入れられ、になえれるような状況になることを切に願っています。ぼったくるようなことをする人物でもないし、とにかく諸問題を抱えている方は彼に連絡を取ってみて下さい。



新 太 郎



  尾崎 徹 メールアドレス:Mail.nantendou@star.ocn.ne.jp

          常駐拠点は「不老町南天堂鍼灸治療室
 
         横浜市中区不老町三丁目14番の5
 
         Tel.0452129881