< シリーズ “想い”  その135>

♪  音  楽 ??? 
【2011.10.25】

 10年ほど前からだが、疑問に思っていたことがある。全部が全部、全員が全員という話ではない。一部と言えば一部なんだが、その一部の人達の影響が多くの人達に及び始めている。今やある程度慣れっこになりつつある一つの流派の話だ。そもそもこれは日本というより欧米で始まって来ているもので、それがもう10年以上前からになるだろう、日本でも取り組み始められているアプローチ。殆どのケース20代〜30代前半の世代で広がり、それが30代後半以上の世代にも一石を投じるというか、突きつけられているのだが、それは変拍子の音楽だ。
 確かにクラシックではマーラー、ストラビンスキー、バルトークなどから始まり、今やヨーロッパでは新作で変拍子でないものは一つもないほどまん延している。Jazz界でも1990年代くらいからヨーロッパを皮切りに変拍子専門のアーティストやバンドが出現し、それが世界中に広がってきてるんだが、果たしてこの音楽は音楽なんだろうか??? というのが冒頭の話だ。

 私も10年ほど前に若手(当時の)に誘われて一,二度変拍子専門バンドを経験したが、初回は初見だったのもあり見事に撃沈し、再戦が決まっていたのでフメンを持って帰り猛練習した。しかし、結果は初回とさほど変わらず、そのバンドからは二度とお誘いはなかった。まあ、出来ないんだから当然なんだが、確かにこれまでにない技術も要求されるし、音楽感も根本からの変更を余儀なくさせられる。そんな芸とうが40半ばのおっさんには出来ないと見切られての不採用は認める。がしかし、その後の変拍子バンドの動向を見て来て、ここにきて、これはやはり音楽ではないのでは?という見方になってきた。自分が出来ないからというのではない。とにかく聴いていて何も伝わってこないのだ。(悲) それは残念ながら全ての変拍子バンド共通に感じる。面白くもなんともない、温かみなんか全くない、当然歌はどこにも存在しない。あるのは込み入った技術と機械的なパターンの絡みだけでスウィング感も、もちろんグルーヴ感もない。スタンダード曲も7拍子とか11拍子でやるもんだから、さわりで一瞬ほのめかされるだけで、後は何の曲をやってるのかさっぱり解らない。なのでメロディー感すらない。
 年寄りが若者を否定するのはよくないことは重々承知している。しかし、この変拍子族の音楽は、やはり音楽として認知できないのだ。最終的な判断は後世(100年後、200年後)の人達が決めることになるだろうが、私くし的にはこの手の音楽は否定せざるを得ない。

 新しいものへの試みは確かに重要だ。しかし、そこには情熱と高い志しが何より不可欠。例えば、マイルス・デイビスが70年代に入ってアーコスティックからエレクトリックに、4Beatから16Beatを中心にした音楽を始めたが、ライブ映像を今見てみると確かに何をやりたいのかさっぱり分らないし、どこにもメロディーらしきものも聞こえてこないし、休憩ナシの1時間半ぶっ通しで、曲というよりただ何かをやってみよう的なアプローチで、現在なら最低の批判を浴びせられても仕方がないくらい退屈なステージだ。しかし、コンサートが終わってみると、何もなかったはずのステージなのに妙にすがすがしく、なんだか気分がいい。そして何よりマイルスの次のページを目指すエネルギー感に痺れ始めるのだ。具体的なメロディーはないものの、余韻の中には何かいっぱい詰まってて次々鼻歌が始まってしまう。なのに、この変拍子族の若者達にはエネルギー感はない、スウィングはしない、グルーヴしない、メロディー感もなし、ハートに訴えてくるものは皆無、演奏後ははっきり不快感。音楽という芸術の最大の意味合いでもある、プレイヤーとオーディエンスが「一体になれる共有する時間」、というものが完全に欠落している。何故なら、何も伝わって来ないということは、聞き手側としては共有することなどできようがないからだ。
 20代前半ですでにプロとしてスタートし、10年以上変拍子ばかりを手掛けてきている、または目指しているプレイヤーには本当にお気の毒だが、ちょっとやり方を変えるか、方向性の検討を始めることをオススメする。でないと、単なるマスターベーションになってしまう。芸術は確かに紙一重なんだが。

 何か、少し前までサッカーをしていたのに、急にゴールを目指すのを止めて、その場でリフティングか何かが始まって、それがあるパターンの繰り返しで延々と見させられてるようなもんだ。興奮もスリルもないスポーツはスポーツなんだろうか?メロディーもリズムもハートも聞こえてこない音楽は音楽なんだろうか?
 若者よ、まずは情熱から! そして、高い志しで突き進め!! それだけを言いたい! 後は好きにしろ!!!

S  H  I  N  T  A  R  O

   こんなことをぐだぐだ言うようじゃあホント年くったよなあ〜。それでも言わなければいけない年齢
   になってきてるのかなあ? まっ、この際そういうことにしとくかぁ〜!