< シリーズ “想い”  その134>

♪  西 っ し ゃ ん 
【2011.9.25】

 このコーナーが時おり訪れるのが哀しくてたまらない。しかし、その足跡は称えられるものであり、べきであり、少しでも後世に伝えていく義務がある。

 先月、関西の重鎮とも言えるベーシストの 西山 満 さんが亡くなられた。関西圏以外の方々にはあまりなじみのない方なので、一見全国区の話ではなさそうに思われるかもしれないが、、、そうではない。関西におけるジャズシーンではあるが、この存在感でこのタイプは他に類のないもので、東京にもNYにもこのような存在感を所有している人は一人もいないだろう。
 確かにプレイにおいては一流ではない、それは洗練されたアカデミックなものという意味で。 彼のプレイスタイルは実にダイレクトで、多くの音を必要としない。何故なら、あまりにも魂(Soul)が突出しているからだ。おそらくこんなプレイヤーは彼以前にも、そして今後も現われないだろう。それは、関西という地域のみならず、東京、しいては日本全体でもそうだろうし、へたをするとNYでも言えるように思える。

 特異的なまでのJazzへの情熱。老いも若きも関西のプレイヤーほぼ全員が、彼の情熱溢れる語りに何時間も、そして何度も付き合わされたに違いない。もちろん、私自身も数え切れないほど拝聴した。
 彼自身がオーナーであった‘SUB’(大阪地下鉄谷町9丁目駅6番出口)というライブハウスで時々行なわれるジャムセッションに行くと必ずどこかで話、いや 語り が始まり、いったん始まると地下鉄の朝の始発を過ぎてもまだまだ終わらないのだ。もろ一方的な語り、いやここまで来ると 講話 と言った方がいいかもしれないが、内容はとても深く、ダイレクトで、エッセンスに溢れ、聞き手は何時間が経っても納得の連続で、ジャズプレイヤーとしての をこんこんと叩きこまれる。もしかすると、関西のプレイヤーの基本プレイスタイルは彼の講話によりもたらされ、吹き込まれたのかもしれない。
 Jazz界の歴史的人物達(ミルト・ジャクソン、レイ・ブライン、ハンク・ジョーンズ、フィリー・ジョー・ジョーンズなど、その他歴史級プレイヤーの多く)までもが、SUBに来店し、彼とトークを交わし、彼の情熱に心を打たれ、来阪すれば必ずまた来店し、当然また彼とのトークを楽しみにするという姿は何より印象的だ。私がNYに住み始めた時も、大阪から来た、なんて言うと必ずNishiyamaを知ってるか?とか、Nishiyamaは元気か?とか、実によく聞かれた。NYでの知名度も凄かった。歴史上のプレイヤーまでもが彼に降参し、ある人は崇拝まで始まるんだから、これはやはりただ者ではない。そんな規格外の情熱家に影響を受けないでいるのはもはや無理と言うより、意味すらなさない、と言っていいだろう。彼と接したことのある関西のプレイヤーは皆、ラッキーとしか言いようがない。Jazzの根幹である SoulBluesをこれほどまでに多くの人々に伝えることが出来る人物に出会えるなんて、こんな幸せはない!

 そんな彼が 8月31日 永眠した。私も始発の新幹線でSUBに駆けつけ、別れを交わして来た。彼は、私よりかなり先輩なんだが、もう10年くらい前からか、面と向かって‘西っしゃん’と呼んできた。

  “西っしゃん、ほんま お疲れさん。話、生涯忘れへんからな!!”

                                 新 太 郎