< シリーズ “想い”  その133>

♪   
【2011.8.25】

 Jazzという音楽は様々な楽しみ方がある。即興音楽の中でもJazzは他のジャンルに比べ格段に楽しみ方は豊富でバラエティーに富んでいる。
 オーケストレーション内のテンションノートのある程度の自由なチョイス、メロディーフェイク、例えばU−X−Tのような基本進行内の無限大のフレーズの創造、swingだけでもストレート,ルーズ,バウンズ,クール,シャッフル、その他多種にわたるリズム(ラテン,ロック,8ビート,16ビート,サンバ,ボサノバ,レゲーなど)の自由な選択とその行き来、細かな話をすればもっともっと現場では如何様にも楽しめる膨大な切り口と、センスに裏ずけられたそれらのチョイス。これだけでも他の即興音楽からはかけ離れた莫大な量の楽しみ方を有する。その中でも極めつけはやはり‘音扱い’ではないだろうか

 ‘音扱い’とは、メロディーやフレーズ、パターンやリズムといった数秒〜数分間における帯状内での楽しみ方とは別に、帯状内に存在する一つ一つの音の出し入れの事を言う。例えば、浅い音←→深い音、広がり感のある音や凝縮感のある音、又は一点集中のような音、ダウングリスにアップグリス、かっこ音にペケ音、アップビート感で入りダウンビート感で抜け出るような音というかタッチ,又はアップビート感→アップビート感<例えばこれは、下から跳ね上がるような気持ちでその音を出し、さらに飛び上がるような気分で音尻を形成するようなタッチ>,その他アップビート感→ノーマル(フラット)感<ノーマルとは跳ね上がったりとかしゃがみこんだりとかではなく、言わば水平方向のタッチ>,ノーマル感→アップビート感,ノーマル感→ダウンビート感,ダウンビート感→アップビート感,ダウンビート感→ダウンビート感などのように音の入り口と出口のタッチを一音一音丁寧にケアーしたり使い分けしたり。さらには音の入り口と出口の間、すなわちその一音が鳴っている中で、一回転でんぐり返しのような形状タッチにしたり、波のように微妙に上下に揺らぐようなタッチであったり、凸型であったり、凹型であったり、要はそのピッチの音が鳴って次の音に移行するまでの間のその一音内の形状具合の操作、ん〜〜平たく言えば、音扱いとは一音そのものの中身の形状操作のこと。もちろん、クラシカルなテヌートやスタカートも含まれる。
 とにかく、一音内でもJazzという音楽はとことん楽しめる!さらに経験がつけばつくほど、技術がつけばつくほど、センスが研ぎ澄まされれば研ぎ澄まされるほどいくらでも楽しめる!!

 ただ、そんなとてもおいしそうな話が分かったとして直ぐに底抜けに楽しめるかというと実際問題そう易々とは現実化してこないのがこれまた悔しい話。理由は単純に個人プレイの応酬はそれぞれが自画自賛になるだけで、聴衆側から見れば音の洪水で音楽からはほど遠いものになってしまうからだ。
音楽は、弱冠だが個人の主張より全体内での協調が優先される。それはフロントプレイヤーも同じだ。
 今、この瞬間、この場面で何がフィットするのか? この項目をプレイヤーは忘れてはいけない! 主張しつつバンドとフィットさせる。フィットさせつつ主張する。ここが何より難しい!! しかし、ただ一つこの難題を解決してくれる、ていうかきっかけの糸口を知らせてくれる方法がある。それは、全ては次の音のために今この音を鳴らせる、という感覚で常にプレイを心掛けることだ。先ほどの帯状内の話に留まらず、イントロの最初の一音からエンディングの一音にたどり着くまでの一曲内の自分が出す全ての音に対してこの姿勢で臨むこと。もちろんこの姿勢(気持ち)になったからと言ってすぐに出来るようになる訳ではないが、この姿勢での経験を積むことによってその感性は次第に手の内に入ってくる、ということだ。休符においても話は同じ。休符内の過ごし方、入り方・出方も含め、次に鳴ってくる音の為に今この休符がある、という感性であり、感覚だ。

 一音一音の音扱い、その一音の集合体であるメロディーやフレーズ,リズムのチョイス、その集合体同士によるコミニュケーションのやり取り、やり取りを重ね合わせつつの即興によるアレンジメントの構築によって完成する一曲。一曲内でかもし出す全ての音、その連続したつながりの中で、一つ一つ手を変え品を変え、個人の主張をしつつ、全体への協調性を優先し、仲間と有意義な時間を過ごせたら、もうそのJazzは文句なしに素晴らしい音楽になっているだろう、歴史的名盤のように。これが二度と同じケースがないという即興で執り行われてるんだから、やっぱどう見てもJazzは最高芸術だな!!!


S H I N T A R O