< シリーズ “想い”  その132>

♪  祝  な JAPAN !! 
【2011.7.25】

 とんでもないことが実現化してしまった! しかしそれは、喜びに満ち溢れた祝福の勝利!!

 先月、サッカーファン(サポーター)のここ数年来の急変貌が日本のサッカー選手の急成長を促しているとつぶやいた矢先、世界をアッと言わせることが起こってしまった。誰もが夢見る W 優勝!! 。 先月ドイツに旅立ったことすら知らなかった なでしこのスケジュール。それほどまでにノーマークだった。
 決勝トーナメント進出までは何の驚きもなかったが、地元ドイツに辛勝、スウェーデンにまさかの快勝。正直、決勝戦は最初っから放送終了まで食い入った!!! おそらく、この喜びを超える喜びは年内はまずないだろう。
 それにしてもアメリカの何が足らなかったんだろう? まず、瞬時に思い浮かぶのは震災だ。確かに震災がもたらした日本国民全員の深い悲しみと動揺、その反動のパワーが大きく作用したことは否めない。アメリカは日本の勝利への必要性が執着心を動かしたと総評しているが、実は当の なでしこ は、もちろん勝ちたいんだが、それ以上に何故か事が運んで行く中で、おそらく究極のリラックス状態でゲームを楽しんでいたにすぎない、そんなような実状だったのではと思えてならない。実はこの リラックス こそが凄いことなんだが、その真骨頂はPK戦が始まる直前で完全に露出した。その時の なでしこ の円陣をカメラが捕らえたその瞬間、選手、コーチ、監督、スタッフ、全員がなんと大笑いしているではないか!
 リラックスはJazzの世界でも最終段階の究極の技術(マインドコントロール)。つまり、奥義中の奥義なのだ。もっとも、頂点をゲットできるくらいだから、なでしこにはそれも備わっていると言えばそれまでなんだが、ぶっちゃけPK戦以外で、よく追いついたとは言え、全体の出来は決して良くなかった。しかし、先行され追いついていくという決戦の最中で、延長終了と同時にリラックス法を体が自然に体得してしまい、その円陣の中で思わず笑いが込み上げて来たんだと思う。笑いが止まらないとは、正にこのことだろう。勝ちパターンとしてもっとも理想的な成長しながら勝つ。今回は完全にこれにハマった!! 負けたアメリカサイドはやはり、震災以外の口実は見当たらないだろう。それくらいあまりにも絵に描いたような急成長を大会中にしてしまった。

 それにしてもサポーター(私もすっかり夜が明けるまで心底応援した!)の力はやはり凄い!! いや、凄過ぎる!!! これほどまでに国民全員が心底後押しすれば、こんなことが起こってしまう。またしても先月に引き続きつぶやいてしまうが、この現象(優勝)を垣間見てしまうとJazz界のファンの方々にもやはり変貌を求めたくなる。 ― 何をもって音楽かを理解し、きびしく、それでいてあたたかい目 ― 何故こんなことを言うかというと、それがその世界をなにより確実に、より早くにいい状態にさせるからだ。ただ、そんなスタンスの目を持つまでには少し時間はかかるだろう。今はただただその方向に踏み出してくれればと切実に思う。現存するほんとにいいプレイヤーを確かな目でジャッジメントしてほしいし、名前にとらわれるのではなく、マスコミに動かされるのではなく。

 さておき、日本のサッカーはこれで男女を問わず、プレイスタイルは見つかった。後はそこに技術と経験が集約されれば、おのずと最高の結果は付いてくるだろう。思えば、野球のWBCでの連覇を見ても、やはり日本人のプレイスタイルは技術と経験に裏打ちされたキメの細かさとその連係に尽きるし、たぶんスポーツに限らず芸術の世界でも、キメの細かさとその連係の話は共通してくるように思える。特に音楽は。日本のJazz Bandもいつの日かきっとこの切り口・糸口から心地いいサウンドになってくるだろうし、自分たちの長所を軸とし、短所を知った上で謙虚にそして自由な発想で楽しみ、後はそこにきびしくもあたたかい人々がいれば、見る側(聴く側)・見せる側(聴かせる側)の両方が最高に素晴らしい時間を共有できるようになると思う。「素晴らしい時間」、これこそ人生の宝。しかもそれって中々お金では買えないもの。それもふまえた上で、応援と叱咤激励を頂ければと切に思う。

 ともあれ、なでしこJAPAN、おめでとう! そして、本当にありがとう!! さあ〜、後は復興に集中だぁ〜〜〜!!!



新   太   郎