< シリーズ “想い”  その131>

♪  フ ァ ン 
【2011.6.26】

 日本サッカー界のここ2年の成長はめまぐるしい!何が要因となっているのか?もちろん、選手をはじめ各チームの監督・コーチ・スタッフの頑張りは言うまでもないが、この2年で大きく変わった一番は「ファンの目」ではないだろうか。こんな私でさえ今は、最高峰のバルサを基準に技術・戦術・試合中での修正点・試合後の次なる課題・そしてダメなものはダメと言い切れる質感のジャッジメントなど、かなり冷静な判断を持てるようになってきている。
 2年前にはほぼ気づかなかったであろうFwの無駄な動きや逆に献身的なポジショニング、一つ一つのプレイの質感や審判の善し悪しに至るまで、「見る目」はずいぶん上がっていると思う。何故なら、海外からのゲストがTV中継などの際に言う解説のコメントと実に高いパーセンテージでかぶり始めているからだ。もちろん、国内の解説者も海外の名高い人と意見,見方は、昔に比べずいぶん一致しているシーンをよく見かけるようになった。こんな私でさえそうなんだから、熱狂的なファンはさらに見抜く所までいっていると思えるし、事実、国際Aマッチなどでのスタジアムでの観客の反応が、いいプレイに実に忠実に歓声が沸き上がる。これは紛れもなく2年以上前にはあまり見られなかった光景だ。

 野球に関しては、もう10年以上前から質感に対するファンの感覚・感性は明らかに世界レベルで、選手に関してアメリカのメジャーリーグにパワー面で劣る以外は全てにおいて日本の方が上回っている。事実、WBCも2連覇中だ!
 どうやら「ファン」という大多数の「目」は一番のバロメーターで、的確な「ファンの目」がある世界・分野はおのずとレベルが高いようだ。となると、低迷しているジャンルは、そのジャンルの「ファンの目」が水準に達していないから、と短絡的に言っても過言ではないと結論づけれるように思える。そこで我々自身の世界を振り返って見てみると、やはりその要素は、当たらずとも遠からず、ということになる。事実、Jazz界はどれほどこの世の中で認められているのであろうか?街角調査でもしようものなら、それはもうとても悲しい数字がそこには表れるだろう。

 これまで、まずはプレイヤーの質感の向上に努め、日々取り組んで来たが、このサッカー界のファンの変遷と比例して選手のレベルがぐっと上がってきている姿を見ると、プレイヤーサイドだけでは結局は実を結ばないように思える。スポーツも音楽もファンあっての世界。そのファンが「分かっていない」となると、ちゃんとやってるプレイヤーは一生うかばれない。実際、そのような熟年プレイヤーはJazz界にも多く存在する。じ〜んと心に到達していくようないい音を出しているのに、多くのファンは若い女性ヴォーカルのルックスに注目したり、おしゃべり(MC)でのお笑いを第一に求める有様だ。いい音があって、次にそれらを求めるのであれば何ら問題はない。しかし、音や内容は完全に後回し状態になっている。残念ながらクラシック界も少しタイプが違うが、ほとんどのプレイヤーが音譜を間違えないようにとビクビク怯えながら演奏している。肝心なのは、作曲家の意図を理解し、そこからさらに意図をくみ取りながら自分なりのコーディネイトを加えていくことなのに、ファンである聴衆サイドがミスの数だけで採点しようとしてしまうが故にこんなことになってしまう。
 昔のサッカーファンは、とにかくシュートさえすればその選手を評価した、たとえ打った瞬間にホームランだとわかるような大ハズレでも。でも今は、シュートに至るまでの経緯やシュートの精度、さらには相手ディフェンスの評価まで見事なまでに全体を見て、いい瞬間やいい一連の動きのプレイが一段落した時点でスタジアム内は拍手喝采となる。しかし、Jazz界やクラシック界のファンはまだまだ「なんでもシュート」の時代のままだ。そしてさらに状況を悪くさせるのが、シュートばかり打とうとするプレイヤーが次から次へと出てくることだ。バンド内で何の関連性もない音を出しての受けねらい。それは、ハメを外すことで頂ける ファンからの評価 が目的だ。
 確かにJazzの即興演奏の中でジョークの場面はある。しかしそれは、紛れもなく前後の流れの中でお見事なまでの関連性の中での話。しかし残念ながら、現状はジョークだけを抽出し、いきなり驚かせ、会場の多くの聴衆から評価を頂くという手法で、受けねらいのみに走るプレイヤーが跡を絶たないのだ。クラシック界も一音のミスを恐れ、肝心の音楽面を全面放置し、譜面づらだけを入力しコンサートに臨むようになってしまっている。大元(音色であり、楽曲の理解)が良くないと何も始まらないのが音楽の世界なのに。腐りかけの魚で美味しい刺し身はいただける訳がない。こんな当たり前のことがファンの間で実は分かっていない。そこに、小聡い(こざとい)人種が受けねらいで参入してくる。分からずにやるならかわいいが、明らかに狙ってやるから、たちが悪い。悪循環というより、もうどん底と言っていいだろう。クラシック界はJazz界に比べて遥かに長い歴史があるにもかかわらず、世の中全体から見ればJazz界よりマシとは言え、Jazz界同様にどん底に長年低迷している。

 こんなことは長年言いたくなかった。しかし、近年のサッカー界の動向、特にファンの質の激変から選手達の変貌、これは見逃せない。明らかにファンが選手を、そしてその世界を育てている。日本のJazz界やクラシック界にも、これまでずっと、ちゃんと、しっかりやって来ているプレイヤーは数多くはないが歯をくしばり、正道を突き進んで来ている。ただあまりにもバカげたプレイヤーが多過ぎる為にかき消されてしまう。しかし、もしファンの目がこれまでのような状態でなくなったら、我々Jazz界もクラシック界も、サッカー界同様にほんの数年で激変する可能性は十分にある。

 復興支援を急がなくてはいけない今現在の日本。なのに話にならない首相がいつまでものさばってしまっている。このままでは被災者はいつまでもうかばれない。緊急時の法律を片っ端から手を加え、改め、新規を登用し、復旧を迅速に行わなければならないのに、 、行わない。何故なのか。それは、多くの国民が政治に無関心のあまり、間違った政党が権力をにぎり、間違った首相が誕生したからだ。国民の政治に対する考え方の質感があまりにも低い。何も学ぼうともしない。ゆくゆくは自分たちに降りかかって来るのは見え見えなのに。そんな多くの人が選挙に参加しない。そこに官僚や企業との癒着で懐と名声を勝ち取るべく、参入してくる政党と政治家、さらにおこぼれ頂戴型の関係者のみによる選挙結果が今の日本そのもの。当然、これは軟弱者の集団だ。そこに、原発付き大震災が来た。

 サッカーというものはどういうものなのか? 音楽とはどういうものなのか? Jazzとは、クラシックとは? そして国とはどういうものなのか?
 各分野には少数派だがしっかりジャッジメント出来る人々(ファン)ももちろんいる。しかし、あまりにもそうでない人の数が多過ぎるのが直面した問題だ。いち早くサッカー界のように、国もJazz界も、直ぐにでも良くなる可能性はあるんだから、ファンはそして国民はもっと「質感」という目を養っていって欲しい。

 一日でも早くに復興の兆し訪れますように! 被災者の方々、そしてJazz界にも!!


S H I N T A R O