< シリーズ “想い”  その130>

♪  発   想   屋 
【2011.5.26】

 阪神大震災の時に、現地での復興支援ライブやがれきの撤去作業のお手伝いをやってきたが、今回は中々そこに至らない。もちろん義援金はさせてもらっているし、義援金の働きかけもさせてもらっているが、ダイレクトにお手伝いさせてもらうのは都内での数回の復興支援ライブ以外はない。16年前は年齢も若く、足回りもいいし、ぶっちゃけ金回りも悪くなかった。しかし、16年経った今、それなりに年を取り、何より金銭面が切実だ。16年前の あの 活気に満ち溢れた行動力と経済支援の印象があるだけに、今回の復興支援は実に歯がゆい。しかし、だからと言って支援打ち切りはあり得ない。今は気持ちを切らさず、自分なりに掲げた「先ずは10年支援」を念頭に、日々の活動をしていく以外ない。

 それにしても、電力はいよいよ深刻だ。原発を無くす無くさないの前に先ずは各基の入念なチェックからだが、この夏どころか来年,再来年の夏も相当な覚悟と根性で、しかも全国規模で節電しないと マズ い事態になる。CO2問題もあり、化石燃料はもう当てにならない。となると、光,風,水になるんだが、これでは全く足りない。なら少しでもというので、夜はロウソクでとなるとこれまたCO2問題に直結となる。どこまでいってもがんじがらめで糸口がない。

 そこでどうやるか!、なんだが、それは誰もが夢見るであろう画期的なライフスタイルへの変更だろう。いかに電気を使わず、いかに各人が小規模ながらも発電するか。そして、それに費やすコストもさほどかからない。日本が世界に向けてプレゼンテーションできるとすれば、エネルギー問題を見事なまでとは言わずとも、かなりの所まで考え抜かれたライフスタイルを打ち出すことだ。原発問題は、もはや世界規模で考えていくしかない中、このエコライフの提示は将来に渡り、どんな時代にも通用していくことは明白だからだ。

 建築家や科学者は当然だろうが、アーティスト達の思わぬ発想がこの流れを大きく引き寄せることも十分考えられる。我々アーティストが日頃の活動に加え、このライフスタイルへの感性を導入していくことは大変意義深いものにつながっていくような気がする。平たく言えば、我々アーティストは発想屋。発想が商品であり、それらを扱う専門家なんだから、この能力を更に引き出す方向で日々を過ごし、世の中に貢献していく、こんなスタンスこそが望ましいんではないだろうか。
 例えばだが、各家庭の配電盤の容量を一軒当たり30A(アンペア)に制限するとか。これは、使い過ぎた時に起こる停電に対応するための工夫が自然発生する所がねらいだ。その工夫感が更なるアイディアの土台になる可能性は大。基本料金は下がるし、総使用量も間違いなく減るので電気代も格段に抑えられる。手続きもさほど面倒ではない。とまあこんな些細なことでも、十分な戦力になると思うのだ。目指すは各方面からのアイディアの結集。そこに我々アーティストも参入という訳だ。

 気力不足、体力不足は老若男女誰もが今後直面していく問題。これを少しでも緩和,改善しつつ進むにあたり何が必要かを考えた時、我々アーティストの自由な発想による作品やパーフォーマンスは、少なからず日を追う毎に重要になってくるだろうし、その重要性に応えなければいけない。この日本に一体何人のアーティストがいるのかは全く把握していないが、日本にいる全アーティストの内の1人からでもいい、画期的なアイディアが登場し、それが採用されれば我々の存在の値打ちも上がるというものだ。
 今回の東日本大震災が様々な面で、しかも世界規模できっかけとなるのは確実だし、またきっかけにしていかなくてはいけない。 アーティスト諸君、さらなる発想を!!


 でも、その前に節電、節電!!! やっぱやれることはキッチリやっとかんと!

新   太   郎