< シリーズ “想い”  その129>

♪  東 日 本 大 震 災  
【2011.4.26】

 1ヶ月半が経過した。まだまだ大混乱だ。体制・体質のぬるい東電、何の役にも立たない官僚主導の原子力安全保安院、そして政府。ぶっちゃけぬるい体質の東電や役立たずの保安院は自民党時代にがっつりとセッティングされたもんなんで、1年半ほどで民主党にそこまでの改善は無理なのは理解できるが、それでも震災後の対応はお粗末の一言だ。しかし、そんな民主党を選んだのは、・・・、我々国民。結局は我々国民があまりの平和ボケで選んでしまった ツケ がこんな取り返しのつかない一大事を引き起こしてしまった。いち早く、自民党・民主党に変わる全く新しいスタンスの政党の出現とその見極めを我々は今回の復興と共に推し進めていかなければいけない。

 それにしても レベル 7。えらいことになった。1ヶ月半も経って尚ぬるい東電と保安院。彼らはまだ平和な夢見心地の中にいるのだろうか? 国民みんなが怒りを感じるのも当然だ。さすがに1ヶ月半も経つと東電のずっと以前からの秘密主義とぬるいいい加減な体質は各方面から私の耳にさえ入って来る。マスコミでは言えないようなずさんなあり方・体質、聞こえてくるのは腹立たしいものばかりだ。ただ、こうなってしまった今、原発の収束の為の費用、廃炉費、農産物・海産物への保障、さらに地震と津波の被害に遭った地域への保障、一体全体どれほどの費用になるんだろう。
 阪神大震災の時でさえ、当時の政府は値切りに値切り倒して10兆円かかった。本当ならその4倍強はかかるところを。今回の震災は規模だけでも阪神の時の10倍以上と言われている。そしてさらに、原発。再度値切り倒されたとしても100兆円+原発関連費。収束までの工程表が出たとは言え、フランスやアメリカの見立てとは100倍以上の落差。疑問だらけの工程表でおそらく役立たずになるだろうが、それはさておきいったい国民一人一人にかかってくる負担はどの程度のものになるんだろう。復興税という形になるのか、その他の税金ということになるのかは分からないが、少なくとも向こう30年は全国民でリカバリーしていく以外ない。計り知れない負担を覚悟しなければならないのは確実だ。加えて国内のみならず、海外からの風評被害は半端ない!貿易も数年はまず難しいだろうし、国の復活までは相当な覚悟と忍耐と体力を要する。2〜3年でなんてと考えている人がかなりいるようだが、とんでもない勘違いだ。確かに未だ情報は交錯し、混乱し、何が真実なのかが見えて来ないが、あの津波や原発の被害状況を見て素人判断でも、10年や20年は大変な時が続くのは一目瞭然だ。とにかく長時間への認識とその継続に尽きる。

 地震当日から次々に仕事がキャンセルになり、将来への不安が一気に膨れ上がり、それでも日本の立ち直りを最優先での思考と行動をと思っていたのだが、スパンが100年200年とは言わずとも、少なくても10〜20年は今の支援レベルを継続させるとなると、焦り過ぎ・張り切り過ぎは後が続かなくなる。やはりこれまで通りのサイクルで生活しつつ、少しでも余った時間や労力を国の立ち直りの為に注ぐ、そんな体制がもっとも価値があり効率がいいように思える。
 先月の時点では、音楽に再び打ち込められる日を夢見てなんて言ってたが、音楽を捨ててまで立ち直りに貢献するのでは意味合いもおかしくなるし長持ちしない。長時間継続させる為にも長続きできる環境を保持しつつ、自分にはやっぱり音楽でしか貢献できないので、これまで通り音楽に打ち込みつつ10年20年の支援を続ける、そんなスタンスに切り換えていこうと思っている。まだまだ今現在は支援最優先だが、徐々にこれまでの日常に切り換え、私たちに出来る音楽からの何がしかで貢献していきたい。

 余震や誘発地震にもまだまだ警戒を怠れない。もちろん放射線も。なんだか、つい暗いことばかりになりがちになってしまうんだが、今後長年の支援を継続させるにあたり、暗いことに気を取られてしまうと人は持たない。自分自身もそうだし、おそらく大勢の人達もそうなりがちな中、たとえちっぽけな一片の喜びでも、ほんの一瞬の光でも、それらはとても大きな救いであり助けになるに違いない。そんな喜びや光のきっかけでもいい、私たちの音楽が少しでも担えればと、今はそんな思いに集中する毎日だ。


 ‘喜びを大切に’、していきたい。

                        新  太  郎