< シリーズ “想い”  その 13>

♪モチベーション♪
【 2001.5.29 】

 やっぱ年なのかなあ、モチベーションをキープするのにやや手こずり始めているような気がする。
(‘年’と思いたくないから、ほかに)考えられるのはモチベーションに対する意識のマンネリ。
下げてはいけないとか、Keepしておかないととか、Keepしようと自然に思っていればいいものを無常の法則から、 しよう→しないと→しなければ と移り変わってしまって気が付いたら、がんじがらめのような過剰意識の連続。そこから来るマンネリ これが一つ。
 もう一つはスランプ。スポーツ選手には付き物だが、実はJazz Menにとってもこれは切っても切り離せないほどの付き物なのだ。フレージング,瞬間瞬間の対応力、スポーツ的要素がかなり要求される音楽なだけに、これは当然期間単位でやってくる。後何か考えられるのないかなあ・・・
 そうか!これに優先順位をつけるのはどうだろう。
 1 位  スランプ
 2 位  マンネリ (本当はこれが1位かもしれない)
 3 位  年
でもマンネリにはわずかだが‘年’の影響はあるよなあ。

 実際こうやってあれこれ引きずり回して、症状一つ自分の中で「どう収めよう」なんてすること自体、う〜ん残念だがそれは‘年’の始まりなのか?
もう10年先なら少しは素直にこれを受け入れているだろうけど、(またしても)う〜ん単純に負けず嫌い
だからかなあ、文章を綴りながら自分のいやな部分を垣間見てしまった。
重ねて悲しい ト ホ ホ …。
 あっ 言っておきますけど(しまった!また負けず嫌いが露出してしまう)ライヴでの集中の話ではなく、個人練習の範囲で高いモチベーションをということですので、決してライヴが悲しくなっているとかということではありません。
マイルスなんかは30才を過ぎて練習はやめてしまったし、練習の重要度は年と共に変わってきて当然だし・・・・・、しまった! やっぱり‘年’に行き着いてしまった。
 やっぱ年なのかなあ………(いやいや まだまだ)
                               

                   
                    新 太 郎