< シリーズ “想い”  その128>

♪  東 北 関 東 大 震 災  
【2011.3.26】

 

 地震発生から2週間が経った。まだまだ被災地では救出活動が行われている。私自身もまだまだ落ち着かない。阪神大震災を経験した私だが、比べものにならない事態になった。あの時でも一大事だったが、今回は明らかにお国の一大事だ。津波のみならず原発まで、・・・。 ここ2週間で、救出,救援,復旧に関して、阪神での教訓はある程度活かされてるように思えるので、阪神経験者としては、活かされて良かった、という想いだ。遠い将来には今回の一大事からの教訓も何らかの形で活かされる時が来るだろうが、出来る限りそんな日は来て欲しくない。

 阪神大震災の復興は16年経った今も完全復旧には至っていない。マスコミは完全復興と言っているが、私が生まれ育った地域(神戸市長田区)は未だ多くの場所で空き地(さら地)状態のままだ。あの時の災害でこれほどまでに長引くんだから、今回の復旧・復興には間違いなく20年以上かかるだろう。それだけに我々の業種だけでなく、国内の全ての業種で年内はもちろん来年も含め、ここ数年は個人的欲望を後回しにし、お国の復興の為に全勢力を注がないといけない。
 とは言え、それを実行していくのは簡単ではない。それどころか、どこまでも大変な状況下であるとの認識の上、一つ一つ行動を取っていくよりない。加えて、仕事がない、収入がないとなると、お国への貢献もどこまでやれるのやらという不安と現実で深刻だ。

 今回の一大事でとても残念なのは、首都圏で買い占め・買いだめのパニックが発生していることだ。確かに少しは理解できる。ここ数日の福島県〜首都圏での水道水の放射線レベル問題で、乳児がいる家庭での水の重要性はわかる。しかし、地震後すぐの数日に買い占めと買いだめに走った人達は深く深く反省してもらいたい。この行為はもっとも被災者支援の足を引っ張ることになるからだ。何故なら緊急支援物資は1日遅れるだけで何人もの人命が失われる。この行為に走った人達は間接的殺人者と指摘してもいいだろうし、その人達にはそのレベルに見合う反省をし、改めてもらいたい。マスコミの影響が大きいが、オバチャン達の行動にははっきり憤りを感じた。自分勝手な行動を取る習性はもっとも迷惑。今回の一大事で改善すべき点は膨大な範囲に及ぶのは周知の通りだが、人間のとりわけ日本人の良くない習性はかなり上位の改善点として加えなければいけないだろうが、この点に関しては今すぐにでも手掛けられる。いや、今この時期にこそ反省し、改め、どう改善していくかを考えなくてはいけない。問題は、買い占め・買いだめに走る傾向の人達は基本的に自分勝手で、周りのことなど気づかず、改善しようともしないことだ。気づいている人達がどうやってこれを気づかせるかなんだが、これほど厄介なものはない。それでも、一人一人が反省し、認識することから始める以外方法はないだろう。
 
 やれることは今すぐやる!やれることからやる!! 今はこの2点に集中してみんなが行動を起こしている。しかし、これだけでは不十分に思える。それは、今回の教訓を、以前からの指摘、それぞれの想い、批判などからの改善点を明確にし、重ね合わせ、どのような方法・考え方で改善を計るのかを見据え、それらを踏まえた上で行動を起こしていかなければ結局は一時しのぎに過ぎなくなるからだ。ただただがむしゃらだけではストレスが溜まるだけだし、体力も尽きるし、未来・将来に対する不安もつのるばかり。そこで、各人が改善点・改善方法をふまえつつ、今やれることをやっていくのが望ましい。一人一人の力は正直実にちっぽけだが、それが束になれば想像以上の大きな力となり、一日一ヶ月一年でも早い復旧・復興につながっていく。

 ぶっちゃけ、発生後一週間経った時点で仕事が次々にキャンセルになり、いつまで音楽がやれるんだろうかと思ったが、今はいつになったらまた音楽に打ち込める時がやって来るんだろう、そしてその日を目指して日々やれることをやっていくしかない、と思っている。
 日本中の多くのジャズメンはおそらく貯えもない。日頃の収入も世間の平均をはるかに下回っている。ポンと多額の義援金を出すことも出来ず、音楽以外の知識も乏しい。すぐの復旧・復興への貢献も多くは見込めない。それでも、我々が貢献できる事象がやって来たら、それはもちろん惜しみなくやるし、それまでは兎にも角にもお国の為に何らかの形で貢献するしかない。もちろん私なりに改善点をふまえた上で。

 本当の復旧・復興は今から始まる。原発問題、家屋・道路・交通機関の修復、被災者の中長期的な支援、その他書き切れない量の細部に渡る問題点など、全体像を認識するだけでも何年もかかる。心底心して取り組む以外ない。被災された方々には、くれぐれも先ずは体調管理にお気をつけて頂き、ほんとに少しずつだが復旧・復興に向け頑張っていきたい!!仲間と共に、みんなと共に!!!


新    太    郎