< シリーズ “想い”  その127>

♪   
【2011.2.25】

 そもそもスケールはどこから来たのか? もっともこれは、ピタゴラスの算出から導き出された12音階が登場して、おそらくすぐさまスケールの概念が訪れ、瞬時に終結し、制定されたと思われるんだが、先の疑問、いかようにも言えるので これが真実だ とはぶっちゃけ言い難いのは事実。しかし、ヨーロッパの人達(まことに申し訳ないがほんの数名)に言わせるとズバリ、「それは神様からの授かりもの」とのこと。この時神様から授かったスケールは ドシラソファミレド という下降のラインで、これが現在スケールの起源であり概念となっている。
 12音階から厳選しての7音のチョイス(ドシラソファミレ)を人間がさらりと制定できるかというと、これは簡単ではないはず。ピタゴラス自身が12音を決定し、その直後に何らかのある法則に基づき、この7音を選び、並べたと思われるが、その法則がどこから来たのか?ということだ。そこでヨーロッパの人々は 神様がピタゴラスに示唆した と考え、今ではこれをもって起源としている。なんともギリシャ神話のようなノリになってしまっているが。

 神様から授かったこのスケール、そのしもべである我々人間はこのスケールに心から敬意を払い、丁寧に扱わなければならない。そしてこの大切なスケールを日々の営みに組み込む際に、いつでもまた神様のお膝元に向かえれる(訪問できる)ように、これを授かったのとは逆に並べ ドレミファソラシド とし、いずれ訪れる神への道のりとして制定した。楽器の練習では、人間である初心者の演者はドレミファソラシドから鍛練を始め、上達して上の まで出来るようになった時点で神様に面会が叶い、その後面会が叶えられた喜びと共に後ずさりをして ドシラソファミレド と戻ってくる、これがスケールの骨子のようだ。
 つまりスケールは、― ドレミファソラシド ではなく、― ドシラソファミレド ―があるべき自然の流れであり、この流れが音楽の大基盤となっている。そのせいなのか、スケールの練習では何故だか全ての楽器において下降のライン、つまり― ドシラソファミレド の方が上昇ラインの― ドレミファソラシド よりはっきり難しい。やはり神が提示されたものは易しくはないというとこなのだろうか。事実、下降ラインの― ドシラソファミレド ―が出来るようになれば、それはその楽器をマスターしたと言ってもいいだろう。(いやマジでごきげんな下降ラインはほんとに難しいんです!)
 ま、解釈は如何様にもなるのでこの辺りで収めるが、このスケールの話は以外にあまり知られていない。

 Jazzを勉強していくと、いずれ出くわす Motion Of th というサイクルがあるが、例えば C F B♭→ ・・・と進んでいくんだが、このC F の5度(th)は実に明快に下の5度を言っている。つまり、下に向かって落ち着く感じが基本感覚になっているのだ。
 この“想い”のコーナーでも何度かこの話は取り上げてきたが、日本では何故かこれを4度進行という言い方に摩り替えられ、現在まで大変なことになってしまった。残念ながらこれは大変な誤りで、右と左、上と下、+と−を取り違えているような話で、4度進行が基本進行であると思ってしまうと、たぶん音楽は一生わからないままになるだろう。
 なんてことないスケールから始まる話だが、ここの始まりに誤りがあると音楽家としての未来はないと言っても過言ではない。日本国内では通用しても、国外特に西洋圏では、てんでお話にならない事態になる。これまた残念な話だが、日本でいくら有名でも海外では真逆にバカにされているケースは少なくない。このバカにされるのも、そもそもスケールの取り違えから事の発端が始まっていると言ってもいいだろう。
 ものごと何でもそうなんだろうが、正しいものの見極め、正しいものへの着眼、これを誤るととんでもないことになる。‘正しさ’へのこの点をみんなが見つめ見極めていけば、国内でも国外でも同等の評価になってくるだろうし、その時はじめて、日本発信による立派な音楽が世界に認められるんだと思う。

 ‘ 最初が肝心’、このことわざはどうやら正しいようだ。ただし、‘最初’とは初対面時のことでもあるが、始まりをしっかり正していくことをも意味している。



新    太    郎