< シリーズ “想い”  その126>

♪  立ち系 座り系 へたり系 
【2011.1.25】

 外車、と言ってもヨーロッパのメーカー、しかもある程度日本で知られたメーカーに限るという条件付きだが、それらのどのメーカーも座席の座り心地は実に、いい。「いい」というのは、車内でのリラックス感・快適感がとても「いい」ということだ。運転席にしろ、助手席にしろ、後部座席でさえそれは いい。比べて国産車はどこが悪いとかではないんだが、なぜかどこか落ち着かない。長距離運転だと、この落差はさらに顕著になる。外車は高級車だからというのではないと思う。何故なら、それぞれ現地では国産車として販売されており、クォリティー的には同じ話だと言えるからだ。

 イス文化の歴史の差とは言え、家庭用のイスにしてもそうだ。メイド・イン・ヨーロッパのイスはやはり いい。なぜこうも座った瞬間にいい面持ちに包まれるのかが不思議なくらいそれは いい。テレビなどを観て長時間座っていてもやはりずっ〜〜〜と感触は いい。なのに、なぜだか家ん中でくつろいでいると、最初イスに座り、しばらくしてソファーに移動し、気がつくと床にへたりこんでテレビを観ているのだ。池上さんだったかのTV番組で、日本人は「床の文化」みたいな話をされてて、やはりほとんどの日本人は ゆか を好むそうだ。

 がしか〜し、ここに我々日本人の大きな落とし穴があ〜る!(ちょっと意気込みすぎました。少々反省。)

 数ヶ月前になるがその番組での話で、立っている時と、イスに座っている時と、床にへたりこんでいる時の脳の活性度が違うというのを聞き、その時からだが気がついた時に自分なりに試してみた。ちょっとその番組に洗脳されてる感はあるのかもしれないが、身を呈しての人体実験によると、判断の種類・閃きの種類・時を過ごす時の進み具合等は、立っている時は攻撃的又は進歩的思考回路になり、イスに座っている時は平和的でリラックスして自然主義的な思考回路になり、床にへたりこんでいる時はほぼ思考が難しい。端的に言えば、立っている時の視野は鋭く遠くを見据え、イスに座っている時の視野は落ち着いた集中感があり、床の場合の視野は残念ながら終了感が漂う。

 数年前からアレンジを手掛けてきているのだが、これらの実験結果及び考えられるであろう傾向を踏まえ、シーンシーンによってどういう体制でいるのが適しているのかをも取り組んでいく必要性を感じさせられた。例えば、曲作りもそうだし、年と共に刻々と移り変らざるを得ない練習内容の変更時の次なるアイディアの導き出しなんかにも、はっきり言って床系は御法度だということが言える。ちょっと話がそれるかもだが、イスに座って弾く楽器、ピアノやチェロ、時々のギターなんかも座るイスのチョイスひとつでえらくサウンドが違ってくる率は思いの外高いんじゃないかと思われる。となるとグレン・グールドがマイイスを常に携帯していたのは納得だ。私は立ち派だが、ベーシストもイスに座って弾くタイプの人は好みのマイイスを常時持ち歩く必要があるだろう、ぶっちゃけかなりめんどくさいが。

 尖閣諸島問題やらでもそうだが、日本人が争いごとを避けようとする要因のひとつに、床にへたりこむ習慣、ていうか習性から思考回路のスイッチがあまり入らない傾向が多い為、何かに対処する時の対応が遅れたり、ついおっくうになったり、苦手意識を抱いてしまったり、そんな体質が政治家の外交下手にもつながって来ているように思えてならない。

 またしても話が弾み過ぎたかもしれないが、立っている時の時間を増やすというのは思っている以上に脳の活性化を産むように思える。せめてイスに座る範囲まででとどめていることが、何かを産んだり、導き出したり、前へ進んで行く大きな活力の源になるのではないだろうかと。加えて、立っている時、イスに座っている時の用途の使い分けなんかも、日々の生活の中でのちょっとしたかかわり具合なんだが、あながち軽視できないような気がする。

 なのに にもかかわらず やっぱ つい へたりこんでしまうんだな〜、これが。全然考察が役立ってな〜〜〜い。(悲) あぁ〜、DNAは恐ろしいぃ〜。(トホッ)


                               新  太  郎