< シリーズ “想い”  その125>

♪   
【2010.12.26】

 数ヶ月前のこのコーナーで、20代前半で華々しくデビューしてきたプレイヤーの多くが、その後の10年間ほどの間に腕前を落としてしまっている姿が実に嘆かわしいという話をさせてもらったが、逆に華々しいデビューではないものの着実に前進し続けているプレイヤーは当然のことながら多数いる。
 確かに20代前半で十分過ぎるほどの技術を身につけ、周囲にその将来を期待させるほどの才能はやはり貴重だ。しかし、その多くが30代を迎えた今日、失速もしくは減速してしまい、もはや数年先が不透明状態になっている。ここだけをピックアップしてしまうと日本
Jazz界の将来はどうなるのかと不安ばかりが募ってしまうが、先ほど言った抜きん出た才能で出発していない側が、着実に腕を上げてきている事項は見逃せないし楽しみなのは事実だ。しかしながら、現実問題その成長感はややスローだ。
 20代は睡眠不足になろうとも、とにかく勉強,練習に没頭しメキメキ腕を上げてしかるべし。30代はまだまだ体力があるものの睡眠不足はやや危険。それでも目指す高いレベルを見据えて日々まい進する必要がある。

 なんで今回こんなに回りくどい話をしているかと言うと、これはかなり個人差があるものなのでひっくるめてしまうことは出来ないんだが、これまで国内外のプレイヤーを見てきて、早い人で40代半ば、遅い人でも60代前半で老化が始まってきている。タイムが崩れ始めたり、ピッチが怪しくなってきたり、フレーズがぼやけてきたり、推進感が鈍ってきたり、始まってくる症状はまちまちなんだが、結局は時間を掛けて老化は全種目に行き渡り、徐々にスウィング感は薄れてくる。
 20代、30代のうちは先の時間はいくらでもある、自分が成長出来る時間はいくらでもある、とつい思いがちなんだが、40代に入ってくると時の過ぎ方もぐっと速度を増し、あっという間に1年2年が過ぎ、5年なんて簡単に過ぎ去る。要するに何が言いたいかというと、安心して成長出来る期間は20才で初めてたとして、最短で25年しかない、ということだ。25年は四半世紀、これは長いでしょ、と思う人はほとんどだろう。が、長年生きてくると感覚的には30代の10年間は20代の10年間の7割ほどで過ぎてしまう感じだし、40代の10年間は20代のそれの半分くらい、下手をするとそれ以下の感じで過ぎていく感覚だ。つまり、四半世紀あると思われていた時間は実際の25年が感覚的には20年、いやそれ以下になっており、思っているほど時間は少なく、ちょっとした油断で気がつけば老化開始のスイッチがはいってしまうのだ。
 通常、楽器の一般的な基礎技術を身につけるだけでも10年〜15年かかり、音楽的基礎知識・基礎感覚を習得するのにやはり10年はかかる。そこに個性的な技術の上乗せやユニークな感性の切り口を設けるとなると、さらに5年や10年はあっという間だ。もうこれだけでも四半世紀はあっさり超えている。それだけに、20代,30代のプレイヤーには、兎にも角にもひたすら精進し、まい進してほしいのだ。確かに才能があれば若干の時間は短縮されるだろうが、それでも四半世紀でギリギリ間に合うかどうかという辺りになる。付け加えれば、年齢を重ねると劇的な変化は訪れにくくなる上に、40代後半で間違って老化が始まってしまうと、その荷物はことのほかずしりと重い。もちろん老化が始まっても成長はいくらでも可能だし、老化自体かなり制御もできる。がしかし、成長スピードが著しく減速してくるのは事実!

 海外のプレイヤーでも50才辺りからはっきり老化を見てとれるケースはもっとも平均的だ。なぜマイルスが50才の時にラッパを置き休憩に入ったのか。彼はその5年後にはカンバックしてくるんだが、彼とて老化は隠せなかった。
 もちろん例外もある。故ハンク・ジョーンズ氏は私から見て84才辺りまでぐんぐん成長し続けている。さすがに90才手前では保つのがいっぱいいっぱいの様子になってきたが、これはとんでもないこと。正直、こんな例は彼以外見当たらない。彼のこの異常なまでの成長感は、何より人並み外れたどん欲さが織り成している。「誰よりも上手くなりたい!」、これが彼の生涯を支えてきた。思えば彼の周りには、アート・テイタム,バド・パウエル,テディー・ウィルソン,ウイントン・ケリー,レッド・ガーランド,アーマッド・ジャマール,ビル・エバンス,セロニアス・モンク,ソニー・クラークetc. 同時期にこれだけのつわものどもがひしめいていては並大抵の努力では太刀打ちできない、とハンク氏は考えたに違いない。一人二人の好敵手ならともかく、これほど大量にひしめいてしまうと、もう「やるっきゃない!」となったんだと思う。

 ハンクさんは例外中の例外だが、日本でも70才をすっかり超えてなお、元気でバリバリ演奏されてる先輩方を多く見受けるが、その姿を20才の若者が見て、自分には50年という時間がある、と思ったらそれは大変な勘違い。なぜなら、現状は先の話の通り、思っているより時間はことのほかかけ足で過ぎ去っていくからだ。逆に言えば、70才でバリバリやれてるのは日々相当精進しているという証しになる。ここを見抜かなければいけない。

 ― 若者よ、決して油断するべからず! ― 


 自分には余り時間が残されていない、くらいのつもりで突っ走って欲しい!!


 (あ〜あ、すっかり年食っちまったなぁ〜、・・・・・)

                           新   太   郎