< シリーズ “想い”  その124>

♪  ス タ イ ル へ 
【2010.11.29】

 よく‘スタイル’という言葉を聞くと思うが、どうやら多くの日本人プレイヤーはこの言葉をかなり大げさに捉えているようだ。
 確かに‘スタイル’はその人を語るのに一番欠かせないシロモノだし、その存在自体がとても大きな意味をなしてくるのは事実なんだが、頂点に立った人にのみ贈られる称号として‘スタイル’という意味合いと取ってしまっている人がほとんどなんじゃないだろか。 ぶっちゃけ‘スタイル’はいつなんどきやって来るかは分らない。楽器を初めて手にして5年ほどで(ポール・チェンバースのように)ゲットする人がいれば、30年40年かけてようやくという人もいるだろう。ただ世間様は、若くしてスタイルを持っている人をとにかく好む。それが、たまたま時代にフィットし短命で一過性のようなものでも。理由は、‘スタイル’はそう易易と簡単にゲットできるものでないことをみんな知っているから。簡単ではないものを若くしてすでに所有しているとなると、当然脚光を浴びる。一生涯、さらには時代を超えて受け継がれるものもあれば、数カ月で御用済みのケースもある。

 スタイルをゲットするのに大切なことは、日頃から自分と向き合っておく、ということだ。芸術の世界は借り物では絶対に通用しない!一時的にものまね的に誰かのやり口をなぞった感じが受け入れられるケースもあるが、長い目で見るとそれは世間様に箸休め程度にいじられているだけということになる。 日頃から自分と向き合い、試行錯誤を繰り返し、少しばかり長めの年月をかけて自分の中から無理なく湧き上がってくる状態。これが‘スタイル’と言える。
 色々なものを聞き、見、感じ、歩み、成長していくんだが、これまでに接してきたものの中から生まれてくるのは事実。何が骨組みになってくるかは人それぞれ。歴史的背景からヒントを得る場合、もちろん何らかの音からインスピレーションというのもある。ただ、何をやるにも必ず一つ一つ自分と照合していくことが一番の近道となる。 スタイルは、もっとも自分が力を発揮できる武器であり、フィールドであり、これをもって‘自分’というカンバンであり、名刺でもある。つまり、スタイルとはもっとも自分をストレートに表現し、回りとのかかわりを明確にするもの。しっかりした一個人の考え方,捉え方がそこに反映している状態をもってして‘スタイル’という。

 スタイルは有名になる為の道具ではない。ただ、スタイルがなければ名無しの権兵衛同然で、回りも呼びようがなく、結局はかかわりが難しくなってくる。もっとも、スタイルがあまりにも強烈過ぎてかかわれないケースも確かにあるが、アーティストは自分が何者であるかは、いかなる姿になろうともそれを受け入れざるを得ない。大昔と違い、今はレアーなスタイルも好まれる傾向にもあるし、人とあまりにも違うからといって落胆の必要もない。決して飾らず、押しつけず、それでいてワンパターンかもしれないが次から次へと湧き上がってくる状態になってきたら、それは‘スタイル’の芽生え又は完成ということになる。ただし、完成したからと言っていつもいつも素晴らしいプレイができるという保証はない。それは人間だから。 飾らず、(回りに)押しつけず、は自分に集中して向き合っていることで問題は解決するだろう。言い換えれば、解決しないときはどこか飾るか押しつけが入っているということになる。当たり前のことだが、演奏中に回りとの協調性、いわゆるハモっている状態が常に成立しているという条件付きは言うまでもない。ハモっていて、飾るでもなく、押しつけず、それでもって自分に集中し、自然な湧き上がりで音を連ねていく。これは紛れもない‘スタイル’の証し。
 人に何かを押しつけようとする人は、まだまだスタイルにほど遠いし、一人目立とうとする人も同じくほど遠い。‘スタイル’は押しつけなくても目立とうとしなくても輝いてくるもの。そしてその輝きは即、スウィングに直結していく。
 自分との向き合いを根気強く続けることによって、より明快で、シンプルなスタイルになっていく。そうなれば世間様も見落とさないし見放さないし、それこそ歴史も見落とさず後世に受け継がれ、語り継がれるようにもなるだろう。

 自分が強烈なのか、柔和なのかは手がけてみなければ分らない!考えているだけではダメ。はっきり言えるのは、Jazzは自分がない限り中々スウィングしないということ。よく、どうすればスウィングしますか?、という質問を受けるが、いくつかある答えの一つに「自分に向き合えば」というのがあるのは事実だ。実際5年でゲットしている人もいるんだし、ことのほか早くにゲットできるかもしれない。とにかく、まずは自分と向き合っていくこと。それがこの音楽をやっていく際に、とても大きな楽しみを与えてくれることになる。

 海外、特に西洋圏の人たちに優秀なプレイヤーが多いのは、自分と向き合っている人が単純に多いというのが理由の一つだろう。残念ながら、日本人はこの点に関して真逆が多い↓。自分と向き合うのがとても不得手。恐らく、他人を見るより自分をみるのが恥ずかしいんだろう。しかし、もうぼちぼちすくんでないで我々も立ち上がる必要がある。先ずは勇気ある一歩を踏み出し、来る日も来る日も見つめ合い、考え、悩み、試し、でも大きな楽しみをもって進んでいけば、スタイルはそれほど雲の上の存在ではない。確かに個性的でない‘スタイル’も十分ありうるが、スタイルをゲットすること、スタイルをゲットすべく進んでいくことが大事。方向が‘スタイル’に向かっているだけでスウィングしてくることさえある。

 “スウィング感”、これほどのご馳走はそうそうない!!


新    太    郎