< シリーズ “想い”  その123>

♪  必 需 品 
【2010.10.26】

 

 スウィングするのに何よりも必要なのは、Jazzに対する情熱(熱いハート)だ。これがないことにはまったくもって何も始まらない。いくら優れた技術や豊富な経験を有しても、このハートがなければ結局はスウィングしない。

 次に重要な要素は、自分の耳を信じ、素直にその耳でもって探り当てて行く感覚と作業。もちろん、これまでに存在するフメンや音源(DVDCDLPなど)、それに先輩方の話(助言)も大変有効な教材だし絶対に欠かせないものなんだが、何より自分の耳で判断していくということをしない限り、自己のスタイル(表現の基準)に結び付いていかない。スタイルもまたスウィングする為に欠かせないとても大きな基盤。

 その次は、とにかく手間ひまかけて自分の担当する楽器の技術を磨いていくと同時に、一曲でも多くの曲に接し、曲の持つ薫り、テイスト感、音楽的流れ(オーケストレーション)を一つ一つ丁寧に見抜いていくこと。見抜くと言っても二通りある。一つは一般的なオーケストレーション、つまりコード進行の移り変わり方に曲の構成(フォーム、ストーリー感etc.)の把握、それともう一つはその人にのみ聞こえてくる特殊な響きの抽出作業。もっとも、オーケストレーションの前にメロディーの理解は言うまでもない。メロディーとは何ぞや?どういうものをもってしてメロディーなのか?どうこのメロディーを扱うのか?共演者のバックアップに対し、どうメロディーを綴っていくか?などなど。

 後は、ベースならひたすらベースラインの研究,掘り下げ。タイコは自分が目立とうとするのではなく、いかにバンドをスウィングさせれるか、グルーヴさせれるかを目標に、ハイハット、ベードラなどのフットワークやシンバルレガートを軸にバンドに貢献すること。ピアノ(ギターを含む)は当然、ここ一番のヴォイシングが出来るよう、和音(ピアニストは相当量のヴォイシングのバリエーションを研究しておく必要がある)に対する反射的な対応を先ずは念頭に。フロント(管楽器、ヴォーカル等)はリズムセクションからのフォロー,プッシュアップ,対位的アプローチ等に柔軟な対応をしつつ、自分を見失わず、メロディーを心から奏でること、を目標にやっていくことが重要となってくる。

 ベースだからと言ってベースラインの勉強だけでは決してスウィングには到達しない。そこには、メロディー,オーケストレーション,リズム,タイムへの深い理解と造形がないといいベースラインにはつながらない。ドラマー,ピアニストはもちろん全パートのプレイヤーもそれらを総括的に学んだ上で、さらに自分のパートでの独自性を目指すことによって‘スウィング’はかなり現実のものとなる。

 黒人のプレイヤーがスウィングし易いのは確かに古代アフリカからのDNAで継承されているリズムへの習慣性が多いに優位に立たせているが、スウィングの根本はそれが全てではない。むしろそれは、人間の本質の部分にある。つまり、彼らの多くが何より自分の耳で判断して音楽をしていくという体質こそが彼らの最大の優位性の根源と言えるのだ。となると、耳で判断していくことは誰でもやっていけることで、教材(フメンや音源、助言)は無視しない範囲で、メインは自分の耳で、を守っていけば彼ら(本家本元)と同等に近くなるばかりか、スタイルによっては上回るのも十分可能だ。後は、兎にも角にもハートの問題!!

 スウィングするまでは簡単ではないが、スウィングした時の快楽は痛快極まりなく、それはもう言葉では表現出来ない。(しいて言うなら、これまでにお目にかかってきた中で最高のお料理に出くわした時の感動を上回る幸せ感、といった所だろうか。) 私は是が非でも、一人でも多くの人にこの体験をしてもらいたいと願っている。

 もう一言付け加えるなら、スウィングした時点でそれはもう世界レベルを意味するということ。世界とも、巨匠とも十分にやっていけるし、あなた自身が世界的存在、又は巨匠の一員になっていく可能性も発生する。

 ささやかなる経験の中で培われて来た様々なノウハウ。出来る限り、伝えていきたい!!


新     太     郎