< シリーズ “想い”  その122>

♪  将  棋 
【2010.9.26】

 

 今時こんなことを言ってるようでは遅れに遅れを取っていると思われても仕方ないが、自分の中でマイブームになってしまっているので話さずにはいられない。

 実は、私は数年前から将棋観戦にハマっている。自ら指すのではなく、プロの指し手を‘解説と共に’ただ観戦するのみのパターン。

 いや〜、現代将棋はとてつもなく急流で、とてつもなく恐ろしく、とてつもなく素晴らしい!! 一番びっくりするのは、誰それシステムというのだけでも何人もの個別のシステム(××流、△△システム、□□ワクチンなど)がある上に、システム内のバリエーションたるや末恐ろしいほどに多種多様の変化があり、それをまた大よそだが三段以上の棋士が頭の中にきちんと入力を済ませ、尚且つ対局になると更なる未知の変化にお互いが踏み入れ、思考のつばぜり合いを交え、その翌日にはもう問題の局面の解決手順が確立されている所だ。

 インターネットの普及がこのようにさせたとのことのようだが、それにしても毎日全くもって研究をサボることなく、プロ棋士全員が一丸となって取り組み、のめりこんでいる姿は大絶賛ものだ。これほどまで全員が集中している世界は他にないのではないだろうか。囲碁は良くわからないので今の所観戦はしていないのだが、囲碁も日中韓で壮絶な戦いが繰り広げられているようだし、似たような状態になっているのかもしれない。

 将棋のいい所は、二つとして同じ手順で終了した対局がない所と、ほぼ引き分けがなく、局後の入念な検討の時間(感想戦)がある所だ。勝った方も負けた方も存分な反省点を確かめた上で初めてお開きとなる。Jazz界もライヴ終了後の検討会や反省会を設ければと、つい思いたくなるほど優れた習慣だ。二度と同じ手順がない、二度と同じ演奏がない。この部分にまずはしびれ、親近感を抱いてしまう。

 現名人の羽生善治氏の数々の語録も大変注目するのに値する。実に真摯な発言の連続だ。まあ、どの世界でも歴史上の頂点の一員になるような人は皆、普通から遥かにかけ離れ、尚且つ実に理にかなっているもんなんだが、こんな名人もタイトル戦での史上初の3連勝から4連敗したり、一歩(いっぽ)間違えると即とんでもないことになってしまう実に緊張しっぱなしの休息のない世界がなんとも魅力的だ。(当人達同士はとことん大変だろうが)

 驚くのはインタビューで、研究のし過ぎは対局時に未知の局面に対応しづらくなるので研究のあり方をしっかり理解しておかなければいけない、という話だ。これまたJazzと同一局面で、Jazzもまた勉強(研究)のし過ぎは即興演奏での自然さを欠いてしまう。かと言って、勉強(研究)なしは全く話にならないお粗末な演奏が待っているだけ。やっぱ、その時代その瞬間に生きる世界は何事もバランスが最重要項目ということのようだ。

 後、最近の驚きは後手番の勝率が先手番を上回ったり、研究の進み過ぎで92手(通常平均的に100120手なのでほぼ終局間際)まで同手順の対局(もちろん両対局者共前例をしっかり研究済み)が現れたりと、とてもイメージ出来ない領域に達している。新手は当然のごとく毎日登場している。

 いったいいつまで、どこまでいっちゃうんだろう?しばらくは将棋界から目が離せない。こんなにもすざまじい世界がこの日本にあるとは、、、。

                              新  太  郎

P.S.

   スポーツ界を含め対戦ものは皆即興なんで即興性という点では、当然

Jazzと類似というより同型なんだが、以下将棋とJazzの類似点として

は、

  将  棋             Jazz

・先を読む             数拍先をイメージ又はクリエイ

                  トの選択肢を持つ

・二度と同じ手順がない       二度と同じ演奏がない

・対局に入るまでの研究のやり過ぎ  サウンドの研究のし過ぎは即興

は禁物              演奏に支障をきたす

・相手に沿って手を進める(機敏な動   共演者の力()を利用する機敏な

き・反応)                             反応。 Jazzの場合その効果によ

 りグルーヴ感が発生

   ・対局時の精神的駆け引き      演奏時の共演者の心の出どころ

                     を掴み取る

   もっと将棋のことを理解すれば、もっともっと共通点は出てくるだろう
   が、
かなり深い部分での共通点だけに興味をそそられる。

P.S. of  P.S.

   これはあくまで個人的な話なんで将棋界全体との対比とはいかないが、結

果として表れているので重要な要素ではと判断できるのだが、現名人の羽

生善治氏には 全ての戦型で戦える という特徴がある。これは、スタイ

ルとか得意戦法とかを限定しない、かなり高度で究極的な話なんだが、彼

のこのような間口の広さというのは、今後のJazz界にも十分参考になる

話で、もちろん得意のやり口(スタイル)は必要だろうが、どんな展開に

なっても対応できる能力は即興演奏上やはり不可欠と言っていいだろう。

 「言うは易し、・・・・」ということにはなるが、念頭に置く、置かない

は、えらく変わって来ることは確かだ。