< シリーズ “想い”  その121>

♪   
【2010.8.26】

 我々の世代(50)は、20代の頃は皆 へたくそ だった、現在大評価を受けているプレイヤーでさえ。20代後半で自分の力量の無さに痛感し、30代でとことん苦労し、40代でようやく人並みになり、50代で自分と向き合い始め現在を向かえている。へたくそだった世代は何だかんだほぼ全員がそれなりに成長してきているし、数人は立派なプレイヤーになっている。今後のことは分からないが、ここまでは常に前進してきている。

 そんな中、私も関西から東京に出て来て10数年になるが、出て来た当初若手のプレイヤーで当時20歳前後の世代にとてつもなく優秀なプレイヤーがちらほら存在し、度肝を抜かされた思い出がある。自分達の20代を振り返ってこの落差には正直びっくりした。これは負けてはいられないという気持ちと、良き先輩でなくてはという気持ちが芽生え、ここ10数年のエネルギーの源になったのは否めない。

 初めての共演時に驚き、その半年後の再演時には再認識し、その又半年後にはそのプレイヤー個人の将来と日本Jazz界の未来を期待した。しかし、3年が経ち、5年が経ち、10数年が経った現在、彼らは全員がまるで示し合わせたかのように成長が止まり、技術が低下し、スウィングからはほど遠いものになってしまっている。最近では急降下を感じるプレイヤーも出現し始めた。

 20歳前後から30代半ばの10数年間なんてものは、それこそ飛ぶ鳥を打ち落とすほどの勢いで成長していくもの。それが全く逆転しているのだ。

 何故こんなことになってしまったのだろう??理由は色々あるだろう。最初は、結局やる気が大したことなかったからかとか、天狗になったからかとか、若さの勢いが通用するのが20代後半でおしまいだから今は経験からつちかわれたものと無くした若さの勢いのバトンタッチが完了していないからかとか、色々思ってみたりした。しかしどうやら実態は、20歳前後でプロでやっていける技術をほぼ身につけてしまい、音楽的にはバークレーを始めとする判別し易い教育システムで、これはこう、この場合はこのように、といった具合でかなりのケースにおけるマニュアルをこなし、仕事場での不都合や失敗をほぼ経験することなくスタートすることで、自身の音楽の完了感を味わってしまい、ある者は天狗になり、ある者は収まってしまったように見えてならない。

 確かに我々の世代でJazzにおけるかなりのノウハウはチェック済みだ。そしてそれを若い世代に良かれと思い伝授していく。これが良くなかったのかもしれない。我々の若い頃は皆が楽器の技術、曲の把握、アンサンブルでの様々な知識はほぼ皆無だったと言っていい。だからこそ我々の世代は自分達のへたくそさ加減に打ちひしがれ、その反発でいつまでもへたくそでいたくない思いが未だに継続し、現在は緩やかではあるが今でも成長し続けている。

 そんな我々の世代に対し、若い世代は20代半ばで人生(音楽)のピークを向かえ、30代前半ですでに減退期に入ってしまっているかのようだ。ここまで来ると不憫(ふびん)でならない。確かに現在のJazz界は貧しい世界だし、夢を抱くのも難しいし、我々も若手に対し強く叱咤激励を飛ばすこともなくなって来ているので、年々のマイナス成長も分からんではないが、それにしてもあまりにも哀し過ぎる。もっとも吸収し易く、消化し易く、即翌日にでも結果(成果)が現れるほど著しい成長期であるはずなのに。

 最大の原因は、貧しいが故の夢のなさなのか。第二に、壁に立ち向かう根性のなさなのか。そして、あまりに容易に完了感を味わってしまうが故にJazzという音楽を全く取り違えてしまっていることなのか。

 Jazzはマニュアルでやるものではない。自分独自の思考と切り口で楽しんでいく音楽。自分の音色に他人のフレーズは全く機能しないしスウィングもしない。自分の音色に自分のフレーズが伴って初めて即興演奏は成立し、スウィングし始める。だからこそ自分自身のそして自分のみの基盤をしっかり身に付けてからが本当のスタートでありデビューなのだ。しかし、多くの若手は仕事がそつなくこなせることが終点であるかのように、自身のアイディアを反映させようなど、ことさら思ってもいない。

 これが「時代の流れ」というものであるなら、いたしかたないことということになるが、もう一つ痛く感じるのは、先輩の話を素直に聞かなくなったことだろう。ぶっちゃけ我々の世代にとっての先輩方はどこまで音楽に精通していたかというと正直 大?マーク だ。しかしそれでも、試行錯誤に関する先輩方の姿勢は素晴らしかった!若い世代に言いたいのは、なんだかんだ長年やってる人には必ず何か優れたものがあるということ。だからこそ先輩の話からそのポイントを見抜き、聞き出す必要がある。CDやDVD、教則本からでは決して得られない貴重な現場の話は手繰り寄せておかなければならない。「体験」は何より自身のフレーズ(スタイル)を導いていく際に多大な助けとなる。個人一人の体験数は思っている以上に少なく、先輩方の話を参考資料として加味していくことで自分の体験に厚みを加えられ、しいては自身のスタイル構築に大きく寄与する。スタイルはスウィングさせる決定的なほどの大きな要素の一つ。だが、若い世代は目次しか書かれていないようなマニュアルを信じ、自分にとって必要もない技術を纏(まと)い、自分に似合いもしないフレーズという衣装を着込み、人の話は聞き流し、自分に真剣に対峙しようとしない。そんなのでJazzはやれっこない!!これは、私の とりこしぐろう なのかもしれないが、、、Jazz界の未来に非常に不安を感じる。

                      S H I N T A R O