< シリーズ “想い”  その120>

♪  一 日 
【2010.7.25】

 

 即興演奏の難しさは、野球で言えば打者が3割をキープすること、投手では防御率を2点代に抑えること、サッカーならほとんどの試合で得点に絡むこと、ゴルフやテニスで言えばトーナメントで優勝することに匹敵する。出来なくはないがかなり難しい。聞いてて、弾いてて、心地のいい感じになるのはそれくらいの難易度があるということだ。

 スウィングし、共演者とのコミュニケーションがスムースにいき、聞いてる人を楽しませる。この3つが満足する状態は容易ではない。しかもプロである以上は‘Always’というハードルまで付着する。ただ、いつも‘いい!’なんて人は歴史上で一人もいない。しかし、演奏する限りは いつも‘いい!’ を目指さなくてはいけない。プロならその志でいつも望むべきだからだ。

 スポーツ界にはシーズンオフと引退という区切りがあるが、我々アーティストにはそのような区切りはない。引退はイコール永眠ということ。つまり、休みが全くないのだ。もちろん大好きでこの道に飛び込んでいるんで、苦労も乗り越えられるし、苦痛にも耐えられる。しかし、年齢を重ねてくるとどうにも即興演奏が時々おかしくなる。

 即興演奏で一番重要なのは新鮮度。しかも、前向きな。若い間は放っておいても毎日が新鮮なんで、演奏も当然自動的に新鮮感に満ち溢れ、技術、経験がやや不足気味でも即興演奏感はクリアーされている。でも、技術や経験があっても新鮮な感覚がなければ、即興演奏時における3つの要素は、足並みを揃えておかしくなり始める。この新鮮な感覚を持ち続けるにはどうすればよいのか? これが何より大問題になってきた。

 これまでは日々試行錯誤をしているだけで鮮度は保たれていたのだが、自分の中での方向性とそれに付随する問題点がある程度明らかになってきたここ最近、試行錯誤は微調整の範囲ではアリだが大筋ではもうあまり意味をなさなくなってきた。しかも年齢的な問題から試行錯誤を深く追求するのに集中力と体力が付いてこない。毎日毎日の試行錯誤はジリ貧になるだけで、日増しにボルテイジが低下してくる。

 そんなある日、将棋界の現名人羽生善治氏のインタビューで、「最近は将棋のことを全く考えない日を作るようにしています。特にタイトル戦の前日とか前々日は一切将棋から離れるようにしています。そうしないと対局の時に集中しきれないんです。これも年なんでしょうかね。数年前までは体力もあったし、その気になればいくらでも手は読めましたが、最近は研究もほどほどにしておかないと対局中での臨機応変な対応ができないんです。しかし、今の所このやり方は好結果を生んでいます。」との話があった。

 ぶっちゃけこの話は、将棋の対局も即興演奏も対応感という点で全く同じなんで非常に印象に残った。

 正直、毎日毎日考え、触れていたものからたとえ一日でも一切かかわらないようにするなんてどれほど勇気がいることか。 実は、随分以前にウエイン・ショーター氏のインタビューで、即興演奏のクオリティーを保つ為に一切音楽のことを考えない日を設けている、というのを羽生氏のインタビューを聞いた時に ふと 思い出したのだ。確かウエイン氏もこの話をしていたのが50代半ばだったと思う。

 ハンク・ジョーンズ氏が亡くなる間際まで、ラベルやドビッシーの楽曲に即興で絡むトレーニングをしていたと聞いたが(ほんとに彼はミュージシャンの鏡です)、とにもかくにも新鮮度をいかに保つかの工夫は迫られている。ハンクさんの話を踏まえると、その年齢その年齢での対応をしていかなければいけないということだ、どうやら。

 とりあえず何も考えない、音楽と全く接点を持たない日を作ることから始めなくてはいけなくなってきたのかもしれない。休むことが大切になって来ようとは、・・・・。

新   太   郎