< シリーズ “想い”  その119>

♪  ! ! A  ♪
【2010.6.25】

 

(今回は前回に書きそびれたのでパートAです)

 これは私の感性一発の基準だが、ベートーベンの音のつながりに不自然さは ほぼ どこにも見当たらない!

 交響曲の一番はややモーツァルト志向が入っている影響で流暢さを感じられない所もあるが、それ以外は実に完璧と言っていい! 確かにモ−ツァルトも全曲完璧に仕上がっているが、彼の場合数曲聴くとどこか同じパターンが発生してくる。一曲一曲は素晴らしいの一言に尽きるが、何曲か並べると手放しに絶賛という訳にはいかない。バッハもかなり完璧に近いが、彼の場合のアプローチは、メロディーやモチーフの流れというより、サウンドの要素の展開型なので、モーツァルトやベートーベンほど難易度は高くない。もちろんサウンドの基盤を構築したという点で巨匠であることは間違いないが、その他の巨匠達ほぼ全員の作品は、あらかじめスケッチしておいたモチーフを適度に並べている感が強く、その為にモチーフとモチーフの間の導入部分に時おり不成立感や不自然さが発生している。それに対し、驚くべきバリエーションの中にありながらベートーベンの場合、モチーフとモチーフの間の導入部分に一切の不自然さがないのだ。それこそ数百回聴きなおしてもどこにも不自然さがない。そこで思うことはただ一つ、もしやベートーベンは全ての作品を即興で書いていたのではないだろうか!?! ということだ。

 色々なシーンで存在しているモチーフは、たまたまその日その時に出てきたもので、常に決して前もってのモチーフやアイディアの準備はなく、それこそ何の予定も立てずにド頭のフレーズが出た瞬間から作品創りがスタートし、後は日々の積み重ねで一つ一つの作品を完成させていっているようにしか思えない。でないと、これほどまでに自然に事は進まないからだ。恐らくモーツァルトも同様の手口だろうが、彼の場合先ほど述べたように、ややパターン化の傾向がある。しかし、ベートーベンにはそれもないのだ。

 朝起きて仕事にかかる際に、前日まで書き上げた所までを先ずは冒頭から弾きなおし、それ以降は即興的にその日に出たものを書き足していく。そんな作業で全ての作品を仕上げていっているとしか思えない。ソナタもの、弦カル、それに交響曲など、尺の長いものはどうしても全体のバランスの配慮の面でも非常にデリケートになって来るが、これにおいても徹底的に最初から日々弾きなおすことによって確かなバランスに至っている。

 使用する全ての楽器の色合いを知ることすらとんでもなく時間がかかる作業なのに、それらをブレンドし、且つ全てのシーンで円滑に、自然に、ストーリー的に、さらにメッセージ性まで付け加えて書き上げる。しかも人生の後半は耳が聞こえていない。逆に、雑音(世間の噂などの)が入ってこないのでそれはそれでいいこともあるのかもしれないが、前述(先月)の3次元の立体をかもし出す空間的立体的認識力にこの即興性。正にこれをもって、鬼に金棒!! 

 ベートーベン、ほんとに、すごすぎぃ〜♪ すごすぎぃ〜〜〜♪

S H I N T A R O