< シリーズ “想い”  その 12>

♪Thanks “ Time ” (ありがとう “タイム”) ♪
【 2001.4.25 】

 長年(といっても20数年−とは言え短くはないか!−)ベースというパートをやってきて、やっぱりいつもネックになってくるのが ‘ タイムのフィールド ’。
 最初は走らないようにとか、遅れないようにとか、きざみ系で基準をもってやってきたが、最近になってどうもきざまれた基準じゃなく、(うまく言えないが)空間が移動していくというような“ペース”系になってきたように思う。これがいいことなのか、悪いことなのかは判らないが、どうもこうなるのだなぁ。
自分にとって居心地がいいのだろうが共演者はどうなんだろう?
 たぶん共演者がペース系なら問題は無いと思うが、問題はそうじゃないタイプのプレイヤーとの時だろうなあ?
 世界を単純に共通項でくくると、自分には黒人のようなビート感があるわけでなし、白人のプレイヤーのような進み方(例えばビル・エバンスとスコット・ラファロのBallad Play Ex .ヴィレッジバンガードのLive版のMy Foolish Heartのような)でもない。
でも民族音楽も含めて全ての音楽を共通項でくくるとしたら、このタイムの‘ペース’系の進み方は全て同じような気がする。
 ペースさえ逃さなければ、あとはその場面場面のフィーリングにFitした所で好きに刻んでいけばいいんじゃないかって。

 う〜ん、言うは易し 行いは難し
 がんばろうぉっーと!!
                               

                   
                    新 太 郎