< シリーズ “想い”  その118  >

♪  ! !  ♪
【2010.5.25】

 クラシックにどっぷり浸かって約2年半、まだまだ僅かだが買い集めたCD100枚をすっかり超え、古典から近代までは一通りだが大体網羅できたような気がする。購入したCDは全て5回以上は聴いている。勿論もっともっと聴きこまなければならないのは百も承知しているが、気に入ったものとそうでないものの差がやや大きいと自覚をしつつも、気に入ってしまうと数百回は聴いてしまうというアンバランスがどうにも後の志向性に影響を及ぼすであろうことは少々不安材料なのが問題点なのだが。

ジャズを聴き始めた頃もそうだったが、何が何だか訳が判らないので、とにかく理屈抜きに聴くしかない。ジャズに比べてたいていが一曲が長いし、繰り返される部分も少ない。メモるには何度も聴くしかない。ただ、ジャズを長年手がけてきているおかげで、作曲者の意図や感情の出どころ、プレイヤーの内面や指揮者のセンスはかなりくみ取れる。

 我々ジャズメンが、プレイヤー同士のバトルが音楽の基盤になっているのに対し、クラシックの場合は作曲者と演奏者の間でバトルが繰り広げられているように思える。いかんせん、作曲者側は圧倒的に有利で、書いたもの勝ちの構図になっている。なので、演奏者はどれもとてもかわいそうとしか思えない。特にコンチェルトものは悲愴だ。書く側が「出来る訳がない」レベルで書いているものを、とにかく膨大な時間をかけてトレーニングし挑戦している。そして、ただひたすら挑戦している。そんな姿をクラシックファンは‘良し’とするのだろうか?(ていうか、少しでも弾ける可能性のある人が挑戦しない限り作曲者の書いたものを具象化できないので仕方ない部分はあるだろう)まだ、弦カルや小品もの、交響曲は演奏者に大きな負担はない。これらは聴いていて耳に何のひっかかりもなく入って来る。きっと、演奏者側は小品やオケものはやっていて物足らなくなってくるのかもしれない。そこで、ソナタやらコンチェルトものやら、はたまた無伴奏ものを手がけていくのだろう。

 この、作曲者と演奏者とのバトル構図はよ〜く理解できるが、クラシックを聴き始めてから常に‘?’に思うことが一つある。それは、ベートーベンとチャイコフスキーの二人のみが実に立体的に音を組み上げる点だ。(正確にはストラビンスキーが書いた‘春の祭典’もお見事な立体だが、彼の場合この一曲しか存在しないのでコントロールしているとは言い難い) もちろんバッハやモーツァルト、バルトークやプロコフィエル、さらには近代から現代ものでも立体系は存在するが、どれもほんの僅かの出会い頭程度のもので大勢を占めることはまずない。しかし、ベートーベンとチャイコフスキーはほとんどもしくはかなりの時間帯で音が立体的にアンサンブルされている。特にベートーベンのオケものの3番以降は圧巻で、『運命』などは開いた口が塞がらないほど、冒頭からエンディングまで、3次元の連続だ。もうかれこれ4500回以上聴き込んでいるが、何度聴いてもどう聴いてもやっぱり3次元!

 チャイコフスキーはベートーベンのそれを感じ、3次元を取り入れたのかもしれないが、ベートーベンは一体全体どこからこの3次元に気づいていたんだろう?もっとも、だから巨匠中の巨匠なんだろうが、あまりにもその他の巨匠と違いすぎる。

 オケ譜も買ってきて何度見ながら聴きなおしたことか! おもしろいことに私がピアノでボロンボロン♪〜とやっても薄っすら3次元になるのがまたしても驚きとしか言いようがない。それはまるで、随分以前に食べた絶品の一品が脳裏に焼きついている所に、久々にそれと似かよったものが目の前に現れ、すぐさまほお張るも、どう見てもそれほど絶品とは言えないはずなのに、どこか懐かしく、ついオーバーラップしてしまい、今口にしたものをその昔の同類と認識してしまう機能に侵されているのと同じなのかもしれないが、プレイヤーの技量にあまり関係なくそうなる所が全く分からない。

 近代、現代ものも面白いと感じた一時期があったが、なんと古典中の古典、ベートーベンに魅了されてしまった。一体、いつまで魅了されっぱなしになるんだろう。

 おそらくは3次元のからくりが掴めるまでなんだろうが、200年も前にこんなとんでもないことを創造してるなんて、ただただ敬服するばかりだ。単なる和音ではなく、単なる振り分けでもなく、単なるアンサンブルでもない。一見何てことなく見えるが、実に巧妙に仕込まれた不思議な空間創り。ベートーベン、すごすぎぃ〜〜!!!

新    太    郎