< シリーズ “想い”  その117  >

♪  The ダ   ♪
【2010.4.25】

 ここまで一足飛びで来れるほど優れていないので、いわゆる3歩進んで2歩下がる形式でやって来てるんだが、時期時期によって調子のいい期間が時おり訪れる。これは誰しもある話だが、なんだかんだ長年やって来て少しずつではあるが成長して来ている中で、つい、そのいい期間が長続きしシュルリシュルリと何故だか3歩進んで2歩進むような時がある。はっきり、笑いが止まらない。何をやってもいい展開になるし、スベる気がしない。

こんな好調期が一ヶ月以上続いたりすると、さらに‘次なる欲望’が芽生え始め、こんなことを身につければ もう鬼に金棒 なのではという気になり、何だか訳の分からない特別な機能を搭載しようとアップデートをやらかし始める。こうでもないああでもないと手を変え品を変え角度を変えて新たな技術や節回しに物の見方の基準転換等を始めるんだが、これまで必ずといっていいほどこれ系のアップデートが上手くいったためしがない。むしろ、こんなバカげたアップデートの為にせっかくの好調期を終わらせてしまう結末が大方だ。いつの日か必ず好調期も終わるのだが、これ系のアップデートをはめ込んだ時の結末は実にタチが悪い。それは恐ろしいまでの長期に渡る氷河期を誘発するからだ。『やらなければよかった↓』、必ずこのフレーズに行き着く。しかも、後々の何年にも渡る期間にそれらのアップデートのもくろみは一度も日の目を見ず、そのうち自分の中で 不必要 とらく印し、排泄されていくパターンだ。全くもってこれほど無駄な時間の浪費はない。 好調期ではない時の将来を見つめてのアップデートの仕込みは大抵血となり肉となり、いずれ好調期の要因の一つになって来るのだが、好調期におけるアップデートの仕込みはその真逆で、まさに‘The ダメージ’と命名してもいいくらいだ。

 残念ながら、好調期は指をくわえてじっと通り過ぎていくのを静観するしかない。「好調期のテコ入れは禁物」、この道30年で手に入れた標語の一つだ。結局は調子が良かろうが悪かろうが、ずっといつものペースでのらりくらりやっていくのが最も確かで早いレベルアップということになる。でも、、、わかっちゃいても中々実行は難しい。 まっ、それが人間であり人生なんだろうから、これでいいんだろう。 ってことで納めておくかぁ〜。


                            新   太   郎