< シリーズ “想い”  その116  >

♪  ス タ イ ル  ♪
【2010.3.25】

 それはまるで井戸を掘るようなものだ。穴の直径は小さくていい、自分の立ち位置である場所をひたすら掘り続け、何日も何ヶ月も、そして何年も。いつ水脈に当たるかは分からない。それは、水脈かもしれないし、温泉かもしれないし、石油かもしれないし、金脈かもしれない。何が湧いてくるかは湧いてくるまで本人も回りも判らないのだ。もちろん埋蔵量は更に分からない。必ず言えることは、必ず何かが湧いてくるということだ。しかし、いつになるかは全く分からない。

 水脈と言えども、軟水、硬水、その他ミネラル成分の色々があるように、温泉ならそれこそ多種に渡る成分の違いがあるように。石油なら万々歳かもしれないが、少々近いケースはあれど、ほぼどれも違うものばかりであることは間違いない。

 湧いて出て来たものは素直に受け止め、それを元に全てを始めればいいだろう。穴をさらに広げるのも良し、湧いて来たものを精製するも良し、除菌するも良し、何か手を加えるも良し。

 来る日も来る日も、ただただひたすら掘り続ける。スタイルはそうやって出てくるんだと思う。



                             新   太   郎