< シリーズ “想い”  その115  >

♪  ど・こ・ま・で・も・大・変  ♪
【2010.2.25】

 Jazzはある意味戦いの音楽である。演奏中はそれぞれが入り乱れ一戦を交える。そして、戦いを終えた戦士たちは同士になる。眠りに着くまでその感覚は続き、眠りと同時に同士感は薄らぎ始め、目覚めの時にはすっかりライバル関係に様変わりし、これが毎日繰り返される。

 戦士は戦い抜くために道具扱いを磨く必要がある。磨いて磨いてひたすら磨きぬく。それが、ミュージシャンの基本的な人生だ。何故なら、磨いておかないと負けるからだ。負かされた時は正直悲しい。それがいやなら磨くしかない。

 しかし、磨いても磨いても弱点のない完成品は出来上がらない。それは、動物界に必ず天敵というものが存在するのと同じ理屈で、和音は低域にもろく、低域はリズムに分が悪い。リズムはメロディーに常に影響を受け、メロディーは和音にデリケートだ。 この場合、和音はピアノ,ギターであり、低域はベース、リズムはドラムで、メロディーは唄を含めたフロント。実に見事な関係だ。

 例えばピアノとベースのDuoの場合、華やかさや支配感を見るとどうみてもピアノが断然有利に見えるが、ことDuoになると低域にもろい和音はいつも首根っこを掴まれた状態になっているので見た目ほどの差がそこにはない。管楽器奏者がピアノレスのトリオを好むケースをよく見受けるが、それは天敵とも言えるピアノを排除することによって自分の優位さを思い存分キープできるからだ。ただ、優位に立てるもののその楽勝ムードは聞き手からは退屈となる。よくしたものだ。結局、プレイヤーにとて安住の場はない。日頃から道具扱いに磨きをかけ、戦術を練り(アレンジ、選曲など)、新兵器(曲作りや新技法)の開発を怠ってはいけない。

 唯一の救いは、いい戦いの後の達成感と充実感、それとそんな仲間の出会いと存在だろう。もちろんここにビッグギャランティーが加われば文句なしだが、この点に関しての現状は、多くの人々(聴衆)が いい戦い であるにもかかわらずそれを評価できない点と いい戦い自体 が数少ない点にあるのでいかんとも↓。

 いい戦いは感動を呼び、人を呼ぶ。プレイヤーはいい戦いをするために全力で準備をする必要がある。年齢的に中堅はもっとも有利だが、若手期間から後のベテラン期間の訪れを考えると絶対的有利はなく、一時的なケースはあれど結局どの世代とも、こと対戦においては大きなハンディーは殆んどない。ベテランは若手をなめてかかるとやられるだろうし、若手もベテランを食うチャンスはいくらでもある。優劣の差があるとすれば、その日の調子くらいなものだろうが、これも長い年月を考えると、・・・。

 ああ〜、どこまでも大変だぁ〜〜


S H I N T A R O