< シリーズ “想い”  その114  >

♪  調 和  と  調   ♪
【2010.1.27】

 調和のためには経験と思考、それに愛が必要だ。もちろんその他にも必要な要素はいくつもあるだろうが、経験・思考・愛はまず外せない。

 ぶっちゃけこの世の中、何も考えなければ不調和だらけになるし、どうにかしようという愛がなければやはり不調和だらけになる。つまり放って置くと全般に不調和が当たり前に存在してしまうのだ。そこで、崩れたというか、なってないというか、そんな事態に耐えられない感覚が調和を生み出そうとし、この時美を感じ、意識し、芸術が始まり、中でも調和の手引きとも言われる‘音楽’の存在意義が成立し、特に西洋人はそんな‘音楽’を敬愛し、大切に守り、そこから学ぼうとする。

 調和、それは不調和というものが ガン と存在するが故に人類が求めてきた、そして今後も何かにつけ基準になるであろう重要な感覚だ。西洋人はミュージシャンと話をするのを大変好む。それは、ミュージシャンが調和という感覚を知り司る人種だからだ。ただ、残念ながら調和を知っているミュージシャンはやはりそれなりに持ち合わせた又は乗り越えてきた人物に限られる。西洋人はまた、そんな人物を見抜く眼力も当然の事ながら持ち合わせており、調和を知っているミュージシャンを見つけるとすぐさま近寄ってくる。

 調和と不調和、その境界線は実に微妙だ。恐らく、今後遠い未来になればなるほどそれは繊細な線引きになって来るだろう。それだけにミュージシャンは、より事象を掘り下げ、洞察と経験を入念に重ね合わせた上の判断に基づく境界線を見抜き、その境界線上に起こり続ける状況・状態を音楽に置き換え立ち上げていくことが必要となってくる。何故なら、ここに音楽が存在する、と考えられるからだ。少々大げさだが、ミュージシャンは人類の水先案内人になるつもりくらいの意気込みで音楽を創造していくのが望ましいだろう。

 ああ〜 なんでこうも言い回しだけが少しずつ成長していくのか。もういいかげん言葉に置き換えるのも終わりにする時期が近づいているのかもしれない。確かに整理整頓に言語はもってこいの入れ物(ボックス)なんだが、手掛けるべきものは音楽なんだし、音に置き換えたしゃべり口をもっとどうにかしなくてはいけないのに、、、、・・・・・。 まっ、色々やって少しずつ前に進むしか能が無いってぇ〜ことなんだからしょうがないだけなんだけど。

                   ☆

 と、いつもならここら辺りで チャンチャン♪〜 となって終わる所なんだが、実際問題現時点での悩みは境界線ではなく ―調和と不調和のバランス― こそが真の調和で、その調和を踏まえた所にこそ音楽が潜んでいるのではないだろうかという点に移行してしまっていることだ。

 宇宙の調和と言えば重力バランスに尽きる。この宇宙に存在する全ての星々及びブラックホール又はダークマター等の重力による力関係が現在の星間ポジションを形成しているからだ。しかし、この重力バランスは固定されているものではなく、常に全ての重力圏が動き、変化しながらのバランスで、ある時期には星と星の衝突があり、消滅もある。衝突や消滅はどう見ても調和しているとは言い難い。しかし、その後の何十億年のスパンで判断すると、いずれなるようになり調和された状態へと向かっていく。一体どこまでが調和でどこからが不調和なのか、基準一つでガラリと変わってくる。となると、これまでにない基準の設定が境界線の位置を知るカギとなるが、これまたその設定は次々に変化し続ける。

 こうなってくると、とりあえず発見した新設定基準による境界線での話を一旦シュミレーションし、バランスを吟味し、真の調和を定義した後、人々や仲間に問いかけ、その反応に対しさらなる話の進展、という作業と次なる段取りを踏むことで、問いかけ→反応→改良を加えた上での問いかけ→その反応、の繰り返しと積み重ねとなり、これをもって‘歴史’という所に収まってしまう。

 う〜〜〜〜〜〜〜〜ん、これでいいのか? これしかないのか??

 い、いけないっ、こんなこと考えてる場合じゃない。あぁ〜、基礎連やんなきゃ〜〜!! (結局いつもどおりのオチになってしまった↓ チャンチャ〜〜〜ン♪)


                                 新  太  郎