< シリーズ “想い”  その113  >

♪  「 実 は、・・・・・・ 」  ♪
【2009.12.25】

 

これは、つい先日取り交わされたピアニストT氏との車中でのやり取り。

T 氏 「 実は、・・・・・・、変拍子、、、苦手なんすわぁ〜。 」

私   「 えっ、おまえもか? ていうか、おまえが苦手とは、・・・・・。 」

T 氏 「 練習しよとピアノの前に座るんですけど、いざ始めるとなると何かやる気
      がせんで。結局やめてほかの事してしまうんすよぉ〜。 」


私   「 わかる! 俺も一時期若手に誘われて行ったら、4拍子が一曲だけで、後
      はみな変拍子。しかも、唯一の4拍子の曲中は3拍フレーズやらトリッキー
      な仕掛けだらけで、リハやって即本番で、結局キープすらままならん状態
      で、さっぱり楽しめんで。で、悔しいから何とかしたろとフメン頂いて家
      でやりかけるんやけど、どうやっても歌えんのよぉ〜。ほんでもって メ
      ゲたさ中、そのまま第二弾誘われてたからリベンジマッチで行ったんやけ
      ど結果は予想通り さっぱり↓。変拍子、ほんまに難しいよなぁ〜。
      どないしたらええんやろ? 」


T 氏 「 変拍子は歌おうとすると上手くいかんのですわぁ〜。何かやってりゃ自動
      的に緊張感が保たれて成立していく音楽やから、ちょっと
うわべ系 のラ
      インをやるとええんすけどね。でも、これが中々気乗りせんでねぇ〜。 」


私   「 何で最近の若手は、アメリカも日本もやけど、こぞって変拍子やりたがん
      のかなぁ〜? ほんまにおもろいんかなぁ〜? 」


T 氏 「 向こうもこっちも、今の若手の多くは 密な関係 を嫌うっちゅうか、避
      けてるんですよ。深い人間関係になりたくないっつうか、深く関わりたく
      ないっていうか。なんせ サラリ なんですよ。 
      スウィングするには相手の力も借りていかないと何も始まらないじゃない
      ですか。ましてや
グルーヴ なんて、とことん共演者と付き合わんことに
      は実現せぇ〜へんし。 でも、今の若手はそんな付き合いはしたくないっ
      つうのが本音で、そうなるとグルーヴしない、スウィングしない。
      でもそれでは音楽として成り立たんから変拍子を導入して緊張感でカバー
      してるんすよぉ〜。 」


私   「 ほぉ〜、なるほど。 となると、今の若手はスウィングするチャンスは極
      端に低なるやん。 」


T 氏 「 そうなんすよぉ〜。だからと言って、変拍子勉強してスウィング捨てるな
      んてこと、ぼくにはできませんわぁ〜。 」


私   「 そら、できん、できん。 あぁ〜、その話聞いたら益々変拍子遠のくな
      ぁ〜。 」


T 氏 「 だいたい、昔からスウィングしてる巨匠で変拍子に走った人って一人も
      いませんから。そんなん思たら、もうやる気 ゼロ。 変拍子もできら
      たええなとは思うんやけど、やっぱスウィングしてる方が気持ちええし
      ねぇ〜。ぶっちゃけ、スウィングすることが、これまたどんだけ難しい
      か! それでも、スウィング目指してたら、海外のプレイヤーとやった
      時の充実感めっちゃええし、そうなると、同じ難しいても変拍子より4
      拍子取ってしまうんすよぉ〜。 まあ、ぼくも基本、
IQの低い音楽好き
      やしねぇ〜。アハハハハハハハ 」


私   「 そりゃ そうだ、アハハハハハハハ。中々ええ話やったな! 」


    まっ、私もT氏も 取ったってことですね。アハハハハハハハ。



               新     太     郎