< シリーズ “想い”  その112  >

♪  祝  松井選手WS MVP  ♪
【2009.11.25】

 ヤンキース、9年ぶりの制覇おめでとう。そして、松井秀喜選手MVPおめでとう!!

 いや〜、今年の日本野球界は大豊作イヤーになりましたね。春先のWBC2連覇、イチロー選手の9年連続200本安打、そして松井選手のMVP。もう今後これを上回る年はありえないだろうレベルの勢いですよね!

 日本の野球界は柔道、剣道、空手等、日本発祥以外の競技及びジャンルの中で、確実に一歩も二歩も進んでいる。これはとても素晴らしく、大賞賛に値する。

 パイオニア野茂投手のメジャーリーグでの新人王を皮切りに、彼の両リーグにまたがる2度の奪三振のタイトルに、イチロー選手の数々の記録の塗り替えと数々のタイトル、WBC連覇、そしてワールドシリーズでの松井選手のMVP

 中でも松井選手の今年の活躍は実に感動ものだ! ケガからの復帰もそうだが、何より7年掛けてメジャーで揉まれ、非常に高いレベルでの‘実力’を身につけたことがとにもかくにも素晴らしい!! もっとも、天才イチローはもっと上を突っ走っているが、努力人松井選手のこの領域への到達は実に意味がある。

 高いレベルでの実力、これはどのジャンルにも要求されることだが、そう簡単にはいかないし、そこには時間と辛い日々が伴う。様々な面から問い掛けられ、試され、それらを克服し、統合していかなければならないからだ。はっきり、並大抵ではない。

 クラシックもそうだがJazzもまた、高いレベルでの実力が何より物を言う。しかし、その領域へは長く辛い日々を経て、膨大な問題点を乗り越えていかなければ到達しない。スウィングとはそんな領域だからだ。

ぶっちゃけ、リズム面でかなりの優位さを持った黒人プレイヤーでさえ、近年においてはスウィングしている人はごく少数だ。これは逆に言えば、昔の黒人プレイヤーに比べ今の黒人プレイヤーは辛い日々がぐっと少ないということになる。 

 辛い日々は若ければ若い時ほど、後々の効果は絶大だ。単純にスウィングする、単純にチャンスでヒットが打てる。これらは同一事象なんだが、簡単そうに見える次元こそが高いレベルでの実力の領域の証しで、そんなプレイヤーが今現在二人も現れている日本野球界はとても進んでいるし、そんな二人を生み出す土壌の厳しさがこれまた素晴らしく、我々Jazz界も見習わないといけない。残念ながら、ぬるま湯に感動はくっ付かない。

 音楽とは、‘音は楽しい’ではなく、‘音が楽しい’でもない。音はとてつもなく扱いが厄介で、この上なく難しく厳しい代物で、それを単純に音扱いが出来、単純に音を楽しめるようになった状態を持ってして「音楽」と言うんだと思う。

 イチロー選手や松井選手は、今や単純にバッティングを楽しめている。Jazz界も、出来る限り早くにぬるま湯から脱却し、厳しい土壌の中から高いレベルでの実力に基づく、単純に楽しめる「音楽」を創作していきたい。 と、今年の日本野球界から学ばせてもらった。

                             新   太   郎