< シリーズ “想い”  その111  >

♪  お  そ  う  じ  ♪
【2009.10.23】

 鳩山新政権になってはや2ヶ月。腐敗しきった政治に幕を告げ、親方日の丸を根源としたワイロ・癒着の社会構造の変革に、ようやく着手する機会が訪れた。

 今の所、民主党はよくやっていると言いたい。まあよくありがちな、政治家の失言と失態は自民党時代と大きく変わらないだろうが、社会構造転換の方向性としては、ひとまず期待感という点において及第点という所か。後は時間をかけてどこまでやれるかだろう。とにかく、これまでワイロ・癒着をアテにしてきた連中は皆賢い。いや、ずる賢い。それだけに、これまでのおいしいポジションを死守しようと、それはそれはあの手この手で反発してくる。自民党政権が長年を費やして築き上げてきた腐敗政治に基づく社会構造を、同じ国(政府)としての立場から変えて行く際に、反抗勢力は必ずと言って「我々は国からの指示でやってるだけ」と逃げ回り、それに時間を取られ過ぎているようだと今度は国民から、「民主党は何をやってるんだ!」とお怒りをかう。はたから見てるとホント、お気の毒としか言いようがないが、これは断固取り組んでもらうしかない。

 日本国は第二次世界大戦でアメリカに敗戦し、軍事国家崩壊後の自民党政権にアメリカは自分たちの戦略を盛り込んだ憲法を押し付け、彼らの読み通りとなる日本社会の権力者による裏の社会のはびこりと、(国力が)強くなりようが無い社会構造を今日まで続き、膨らんできた。しかし、実に長い長い年月だったがようやく自分達の目線で、これを変えれるチャンスがやって来た。これは、日本にとって歴史的な時代の到来と言っていいだろう。後は、また自民党が復活するのか、はたまた別の党に取って代わるかするまでには、何とか主要部分の大掃除はやっていただきたい。

 アメリカも今年になって初の黒人大統領になり、世界からの注目を一点に集めたが、今現在は日本のこの新政権の手腕が世界から注目を浴びている。正直、これほどまでに日本が見られているこのような感覚は歴史上初めてなんじゃないだろうか。今日までぶっちゃけ、世界は基本的に日本をバカにして来た。特に西洋圏は。しかし、今はそれが少し違うのだ。日本をナメてはいけない、それどころか彼らの話を聞く必要があるのでは、と変化し始めている。今後、民主党が鳩山政権から誰に引き継いでいくのかは分からないが、とにもかくにもしばらくは国内の膿み出しが本業・本題となり、外交はしばし後回しになってくる。それでも、世界各国の共通する悩みはズバリ、‘国内がどうあるか’に尽きるだけに、世界から見ても一目瞭然の腐敗構造をどう解決していくのかは、各国にとって最大の関心事であることは言うまでもなく、各国から熱く静観視されているという訳だ。

 もう30年近く前になるが、私がNYに滞在していた頃、仕事やプライベートセッションでJazz Menは実によく政治の話をしていたのを思い出す。恐らく今でもそれはあまり変わってないと思うが、自分の本拠地にしている国が世界的にリーダー的な動きをしているという感覚から、アーティストにおいても政治はとても‘重要な存在であり基盤’という観点からなんだろう、それゆえ政治トークが盛んに行き来していたんだろうが、いよいよこの国においても少しずつリーダー的な感覚に芽生える時代を迎え、Jazz Menも徐々にではあるがこの国に関しての政治トークをするようになる予感がするし、またそうならなくては音楽の質感の厚みも増してはこない。

 音による自立感だけではなく、自立感漂う国での更なる音への探求は、私たちJazz Menにとって、これ以上ない後押しで、国質の向上は音楽の変化に少なからず影響を与えることだろう。

 鳩山政権、民主党政権、期待しています!!

新     太     郎