< シリーズ “想い”  その110  >

♪  勝敗は 相手を幸せな気持ちにさせた方が勝ち!  ♪
【2009.9.26】

 Jazzはスポーツ音楽。勝敗の基準は極めてユニーク。それは「相手を 幸せな気持ちにさせた方が勝ち!」 対戦相手はもちろん共演者。

 例えば、「わぁ〜 このギターの人 いいなぁ〜!」と思ったらその瞬間負け。つまり、感触的に‘いいなぁ〜’とか、‘すっ、すごいなぁ〜’とか、‘うまい!’とか、‘たまんねぁなぁ〜’とか、‘ほぉ〜〜’とか、思わず心の中で思ってしまった方が負けなのだ。カテゴリー的に近い所では「にらめっこ」が該当するかもしれない。それは‘笑う’という幸せを感じた方が負けだからだ。

 Jazz以外の全ての音楽はプレイヤー間で争う事はない。楽団員又はバンドメンバー全員が共同作業で一つの目的(楽曲を最後まで演奏すること)に向かっていく。もちろんJazzも一曲一曲楽曲のエンディングに向かって進めて行くんだが、途中経過が余りにも予定外,想定外の無計画で、果たして‘目的’に到達できるのかが怪しい事態になることはしょっちゅう。Jazzの目的はエンディングを迎えることよりも、エンディングを迎える直前までの‘途中経過’こそが真の目的となるが故に、そこに相手(共演者)を称えつつ、こちらの主張をまかり通すという一点狙いでのお互いのしのぎ合いが生じ、この時スポーツ音楽 Jazz は開始するという訳だ。

 勝つ為の方法は山ほどあるが、生涯を通じて対戦相手が代わろうとも、二度と同じ方法では勝てないのがこれまたユニークそのAだ。全て一回ポッキリの手法で相手を負かしにかかるしかない。もちろん勝者は、その日のライヴ、コンサート、レコーディング、その他様々な会場、いかなるシチュエーション下でも、称号を手にするのはたった一人のみ。勝者がアレンジャーであったり、コンポーザーである時もある。この場合は、プレイヤー全員がアレンジ又は作曲された楽曲に痺れたケースだ。

 勝者は敗者を幸せにする為に へとへと になる。決して楽ではない。「あぁ〜 今日は楽しかったなあ〜!」なんて吐いたら、それは敗北宣言。でも楽しいと、このフレーズはついこぼれてしまう。ぶっちゃけ、敗者は実に楽なのだ。もしかすると、勝ち続ける立派な勝者と常日頃から共演機会を持てるプレイヤーほど、一番の幸せ者ということが言えるかもしれない。(ただし、ずっと敗者ということになるが)

 例えば、サッチモ、バード、マイルスのような勝者と数多く共演できたプレイヤーは至福の喜びに浸りつづけたことだろう。もちろん、現在日本国内にも優れたプレイヤーがいるので、そんなプレイヤーに負かされるのは、かなりの幸福感を味わうことになる。ただ、知っておかなければならない、この世界(Jazz)で幸せになることは、敗者であるということを。 そしてこの時勝者は、とてつもなく へろへろ になっているということを。. だから、敗者は勝者に対し、心から感謝し、労をねぎらわないといけない。勝敗はその日のパーフォーマンスが全て終了したその瞬間に実に鮮明に訪れる。 もっとも、へろへろにもならず、たまたまその日のチャンピョンになることもあるが、残念ながらこれも生涯通じて、あって一回ポッキリだろう。

 Jazz界最高の巨匠ルイ・アームストロングは一体どれほど へろへろ になっていたんだろう? こればかりはかけ離れ過ぎて全く想像が及ばないが、それにしても ぐったり 来た方が勝ちなんて。。。

S H I N T A R O