< シリーズ “想い”  その109  >

♪  スタビライザー それは正に期待通りだった!!  ♪
― 8月2日 Green Note 訪問 ―
【2009.8.26】

 昨年の秋に インシュレーター で奥歯をガタガタいわされ、今年の初めに ボード で腰を抜かされた。今回は何が何でもそんなダメージを喰らう訳にはいかない。しかも一ヶ月前にすでにチラリとご対面済み。ただ、効果,効能,効力の様々なケースでの反応,傾向の検証をしないことにはスタビライザーがいかなるものかは分からない。正に被爆覚悟で8月2日、三度目のGreen Note を訪問することになった。前から攻められようが、後ろから絡まれようが、上から待ち構えられようが、下から引きずり込まれようが、何があっても、すざまじい事態になろうとも踏ん張ってみせる、そんな覚悟のもと、スタビライザーを頭上高々と掲げて待ち構える杉岡氏の要塞 Green Note に乗り込んだ。
 当然の事ながら人間味が溢れ出る杉岡氏の心温まる笑顔で迎えられ、いざ突入。軽めのトークで、まずはスタビライザーの存在を確認した。(コイツかぁ〜!!) そして、杉岡氏に促されるまま、ベースを車から運び入れ早速第一陣のトライアルをスタートした。

 まずは 0枚 から、そしてすぐさま2枚(私の左右に1mほど離れた所の床に1枚ずつ)をセット。杉岡氏からは5分ほどで効力が感じられるとの説明だったが、なんのなんの、2分でしたね。ベースの音が瞬く間にまるで肩こりが解消するかの如く、柔らかく非常に自然なトーンに変化した。それを確認した杉岡氏は私の了解を得る事もなく、さらに2枚を今度は先ほどのポジションに対して90°の位置、つまり私の前後1mほど離れた所の床にセットした。そして同様に5分ではなく、2分でもなく、恐らく1分以内だろう、今度は柔らかく自然なトーンが、透き通った清らかな感じのトーンに移り、さらに5分後にはそこに厚みが加わった。
 今回、完ぺきなまでの防御システムを心の準備として持ち込んでいたので何とか立っていられたが、何も知らされず何の予備知識も持たずにこのトライアルをやれば、たぶん私は失神していただろう、余りの素晴らしさに!

 しばらくベースを弾き続けていると杉岡氏が「どうですか?」と、5〜6mほど離れた場所から私に向かって言葉を発したのだが、これがまた何のつっかかりもない声の響きで私の耳に着弾し、「これが‘結界’を形成した時のスタビライザーの効能そのAの威力なのか!」と、防御システムをぐらつかせる事態を招いた。
 しかし、今回は第二,第三の防御システムを用意していたので、すぐに第二防御システムへと移行させ、ことなきを得たのだが、それにしてもこの結界作用は正に、三本の矢は同時に折ることができないという古い例え話を連想させるかの如く、チーム力,団結力のパワーを、私を形成している60兆個の細胞が、拒絶反応ではなく、大ウエルカム状態で向かい入れたのには心底びっくりした。

    −結界とは−
    スタビライザー(GNFS1)の単体での効力範囲は本体から直径約3mの
     範囲。ところが、2枚あると最低でも9mほど離してセットした場合でもスタ
     ビライザー同士がLinkし合い、スタビライザー間の空気中がスタビライザー
     の効力範囲に転じる。となると、仮に4枚あると、一辺が10m四方ほどの
     部屋の四隅に設置すれば、この部屋全体がスタビライザーの効力範囲となる
     のだ。つまり、このような効力範囲を‘結界’と呼んでいる。

 そして、最後は当然のことながらインシュレーターとボードを取り出し、セットし、ベースの弦をはじいた。 この時はっきり、インシュレーターとスタビライザーの性質の違いもよ〜〜〜〜〜〜く理解できた。(言う迄でも無く、第三防御システムはこの時既に作動済み。でなければ昇天です。)
 一言では言えないが、端的に言えば楽器本体の音をナチュラル化させるのがインシュレーターで、音を伝達する空気を純()化させるのがスラビライザーと言えるのではないかと思う。もちろん詳しい話はGreen NoteHPを閲覧して頂くのが一番いいに決まっているが、これだけのモノをここ2年ほどの間に次々と作り出すなんて、バケモノとしか言い様が無い。
 実は 効能そのB は、おまけというようなものではなかった。なんとマジで肩こりや目、喉、鼻、その他人間の体の器官にも働きかけ、私なんかはこの時丁度夏風邪をひいていて咳き込んでいたんだが、Green Noteに上がり込むや否や、玄関で一二度咳き込んだのを最後にピタリと咳が止まり、夏風邪のことなどすっかり忘れてしまっていたのだ。

 ミュージシャンにとっては楽器と音場をいい状態にしてくれるばかりではなく、体も非常に健康的な状態に変化させてくれるので、もう感謝、感謝、感謝!!こんなスタビライザーを一瞬たりでも、ほんの少しでも疑ってかかるようなら、それは全身全霊で杉岡氏に対しお詫びしなければならない。だから私は‘しっかり’お詫びをしてきました。

 ベースのチェックだけではなく、本編のオーディオ機器での変化具合も徹底的に検証させてもらった。同様の変化が起きるのは言う迄でも無いが、インシュレーター同様、不思議極まりない。いやいや、とにもかくにもインシュレーター,ボード,そしてスタビライザーと三大名器の‘揃い踏み’。 杉岡氏、お見事です!!!!!!!


S H I N T A R O

     P.S.  杉岡さん、今回もまた何のお断りもなく“想い”に書き記してしまいま
            した。 いつも すんません!!!