< シリーズ “想い”  その 11>

♪ ありがとう オヤジ ♪
【 2001.3.29 】

別にこれといって主張したい訳ではない、が こう思ってしまえば何もかも楽になり、楽になる事によって前へ進むことが少しでもたやすくなるのではないかと、そう思って生きていってみようかな!?!
  2月の末にオヤジを亡くし長年続いた(何とお礼を言えば良いのやら、神様にもオヤジにも −失礼!
個人的な高まりがつい入ってしまいました−)状態もついにその時が来て、いつまでも続く訳がないとわかりつつも知りつつも、とうとう訪れて やっぱり ムジョウ(無常) だと思えた、と同時に今後も“無常”の認識をいつまでも持って行った方がいいんじゃないかと思えてきた。
 「常が無い」 いつまでもいい時は続かないもの、そう思えればこの経済情勢も受け入れることができるし、親を亡くしていくこともそれほど大変な精神状態にならずに済むし、今自分が進んでいこうとする音楽の道も、これまでと変わらずとか何とか変わらねばとプレッシャーをかける必要もなくなるのではないか? 
そう思えてならない。常に変わっていくことが基本、当たり前だとしたら、変わろうと思わなくても変わっていくだろうし、その変わっていくことを素直に受け止められればいいだけのことであって、変わろうと思っているよりずっと楽に変わっていけるんじゃないだろうか? どこか変わらない何かを求めることは実は非常に難しいことで、ゆっくりでもいい 次々と変化していくこと、そのまま流れに任せてでもほんのちょっぴり変化に対する思いを強く持っていくと どうだろう。 ずっとプレッシャーも少なく、荷物も軽く、その分前へ進み易くなるんじゃないだろうか。ただ深く落ち込みたくないという思いからこう思いたくなっているだけかもしれないが今後の人生観の中で 「無常」 を認めて歩んでいくのも悪くないかも。
  オヤジが助からないと知った時から 又 自分の中の流れが変わってきたように思える。
 
 − 2ヶ月間 シリーズ “想い” を休んでしまいました、謹んでお詫び致します。−
                               

                   
                    新 太 郎