< シリーズ “想い”  その 108 >

♪    ♪
【2009.7.25】

 Jazz という音楽を何らかのスポーツに例えて話をすることが時々ある(ちなみにマイルスはボクシングを常用していた)が、最近どうもアーチェリーというか弓矢というのか、それはまるで遠くてちっちゃなマトを矢で射るこの競技に非常に良く似ているように思えてならない。もっとも、マトがどの方向のどの辺りにあるのかが分かってないと話にならないんだが、マトの所在も含めて即興音楽であるJazzはその遠くのマトを射らない限り、中々 ほぉ〜 と言えるほどのいい響きにはなってこないのだ。

 マトははっきり言って、ちっちゃい! しかも霧のようなものがかかって見にくくなったり、妙に距離感が掴みにくかったり、その場その場その状況下で常に条件と設定が刻々と変化するもんだから益々持ってそれは至難の業になってくる。厳密に言えば、アーチェリーの競技で円形のマトの中に3重か4重のわっかが描かれ中心の円内ほど得点が高いように、ただマトを射るだけでなく更にど真ん中を射当てることでこれがたまらなく響いてくる。

 昔、神社の境内の出店で鬼に向かって玉を当て玩具(おもちゃ)をもらうというゲームがあったが、胸かなんかの特別な所に玉が当たると鬼の目が光り左手に持った金棒を何度か上下にばたつかせ ウォォォ〜〜〜 と叫んでその辺りに響き渡らせるかのように、確実に回りの注目を集めるほどに響き渡る。そしてそれは ビ〜〜〜ン と痺れるほど気持ちがいい。しかし、ただでさえ遠くてちっちゃい所にさらに中心部へのアプローチは並大抵ではないのは言う迄も無い。結局、巨匠と言われる人達は皆お見事にこのマトを射抜いているということに尽きるんだが、もう一声付け加えるなら、その上の歴史的と言われる巨人達は更に遠くの、存在すら見つけ出すのに難しいマトをあえて探し当て、選択し、しかもお見事に射抜く。だから歴史的と言えばそれまでなんだが、刻々と状況が変わるこのJazzの即興演奏の競技場の中で、よくもまあ次から次へと瞬時にマトを見抜き射抜くものだなと、ただただ感心せざるを得ない。マトを見つけるだけでも全くもって簡単ではないのに、そこに距離感を合わせ、中心部を目指し、矢が刺さった時の音の質感まで考慮に入れ、へたをすると先ほど放った矢がまだマトに命中する前から、次のマト探しそのマトを射抜く為の準備と動作を開始し、前の矢がマトに着弾するより前に次の矢が飛び立っていくような、そんな具合が途切れることなく演奏中ずっと行われる。マトは必ずしも前方だけではない。後方もあれば斜め45度もある。Jazzをオリンピックのアーチェリー部門に入れても十分支持されるんじゃないかと思えるほどだ。目に見えないから競技性という点で難しいのでオリンピックには無理だろうが、はっきり言ってあらゆる競技の中でもっとも難易度の高い種目に属するであろうことは間違いないだろう。

 マトは視覚外(いわゆる感覚内)だし、マトは常に移動し、マトは遠くて小さい。霧のような膜がかかり見にくい時もある。そしてそんなマトに命中させる為の技術と精神力。この道30うん年経った今、ようやくわかった。なんと厄介なものに手を出したのかと。


                                   新 太 郎