< シリーズ “想い”  その 107 >

♪  前  へ  ♪
【2009.6.25】

 いったいいつまで続くんだろう、この不況。まったくもってミュージシャンごときの力ではどうにもならないのがはがゆくてならない。日本企業は世界的に見て健闘している方だとは思うんだが、とにもかくにもアメリカ人のわがまま極まりない日頃の姿勢が今回の世界的大不況を呼び起こしているのは明白な事実。だが、そのアメリカで生まれたジャズをこっちは日頃追っかけてるんだからまったくもって情けないやら、悲しいやら、もどかしいやらでこれまたどうにもならない。

 80年ほど前の1930年代の世界大恐慌の時もアメリカのすったもんだから人類史上最大の惨事となった第二次世界大戦に突入してしまったが、なんとジャズ界はその時の不況をバネに Be Bop というアートの領域まで引き上げる大変革をもたらしているのだから分からないもんだ。

 そう思うと、じゃあまた一つやってやるかぁ〜、となるんだが一人や二人の発起人程度ではどうにもならない。やはりこれもグローバルな大きな流れが訪れない限り大変革は難しい。だからと言って何もしないのも話にならない。やっぱりそれでもやるっきゃないのは歴然。問題は何をやるか。。。 それは各個人が心底心に響いてくるアプローチを純粋になりふり構わず真っ直ぐ進めて行くことだろう。もう、これだけの不況になってしまえば守るものも失うものも何もない。そういう点では不況というのも物事を実に単純にしてくれるという利点がある。


 さてさて、1930年代後半の大恐慌の最中ルイ、エリントン、レスター・ヤング、コールマン・ホーキンズ、ディジー、モンク、パーカー、ビリー・ホリデー、エラ・フィッツジェラルド、マックス・ローチ、ケニー・クラークなど、誰もが我が道を行くで切り開いた彼らの行動が今、我々の世代にとっていい手本になることを祈りつつ、不安を吹き飛ばす為の練習、悲観を消し去る為の研究、生き延びる、みんなと協力し合っていく、ハッタリは一切通用しない、ただただ前進あるのみなどなど、迷ったりためらったりしている要素は一つもない。ここまでボトムに来るとなんだか楽しく感じるから分からないもんだ。単に錯覚かもしれないが、人類史ではこれがあながち錯覚ではないから面白い。ビジネスの世界でも「ピンチの時こそビジネスチャンス!」はここしばらく何度も耳にするフレーズだ。

 さあ、仲間を信頼し、我が道を行くとするか!!





                              新   太   郎