< シリーズ “想い”  その 106 >

♪  これほどまでに影響がデカいとは思いも寄らなかった  ♪
【 2009.5.25】

 3月上旬に楽器のエンドピンを出し入れする際の高さ調節用のネジ山が終わってしまい交換することになった。1年半ほど前から少しずつネジの締まりが悪化し始めていたので、交換には何のためらいもなかったんだが、エンドピンの種類がこれほどまでに多種に渡っているとは驚きだった。15〜6年前にチタン製が出て来た時はエンドピンの話題で持ち切りだったが、その後今日までエンドピンは様々な材質のものが登場している。昔ながらの木製はもちろん、鉄、ステンレス、チタン、カーボン、二種または三種混合によるハイブリッド(5〜6種類)、そしてタングステン。

 今回のエンドピン交換は丁度いい勉強になると思い、1〜2週間かけて6〜7種類のエンドピンを試してみた。どのエンドピンが自分の楽器といい相性なのかをチェックするんだが、6〜7種類から2〜3種類に絞り込むのはさほど問題なかったが、そこから先は2週間かけてもはっきりした答えは出ず、おまけにいつまでも試奏用のエンドピンは借りれない。そこで仕方なく直感で決心し、そのエンドピンでスタートしたんだが、多少の音質・音色の変化なのにどういう訳か日を重ねるごとに戸惑い、うろたえ、さらに失望感まで味わうことになった。

 かねがね音楽の構築は‘音色が全ての土台’と言い切ってきた。この考え方は間違っていない。それは、その音色にフィットしたフレージング、そこからやって来る空気感がその人の音楽を作り上げていくからだ。これまで、27年間慣れ親しんだ音色で方向性を含む自分なりの音楽の構築が始まっていたんだが、直径たったの10mm 長さ25Cm弱の金属の棒1本で簡単に崩れ去ってしまった。更にこれが思っている以上、いや想像を遥かに越えたダメージと言っていいくらいのショックを受けてしまったのだ。

 もちろん、新しいエンドピンにはそれなりのいい部分があるから選んだし、恐らく悪くないはず。しかし、ちょっとした音色の変化がこれほどまでに自分を苦しめることになろうとは思いも寄らなかった。いい部分を前面に展開しようとすると力みが生じ、ラインやフレーズが流れていかない。時間が全てを解決してくれるんだとは思うが、明らかにこれまでの音楽人生よりこれからの音楽人生の方が短い。それだけに焦りもあり、ガチガチ、フラフラ、ウロウロという最悪のバランスに陥ってしまった。

 このままずっと落ち込んでいても仕方ない。そこで、すぐさま得意の‘開き直り戦法’で現在はやり繰りしているが、一つ一つ、一粒一粒、丁寧に拾い上げて新しい音色を眺め、観察し、勉強していくのは中々の忍耐仕事だ。弦の交換に比べてエンドピンの交換が、これほどデカくて厄介だとは思わなかった。


 大した情報にもならないかもしれないし、あくまで傾向であって楽器との相性は決定的ではないが、一応今回私なりに経験し、勉強した範囲で紹介しておくと、鉄製は非常にナチュラルで何の飾り気もなくニュートラルな感じ。ステンレス製はやや落ち着きに乏しく、チタン製は高域が伸びる感じ。タングステンはドシッと落ち着く感じで低域に力感(パンチ)があり、おおむねハイブリッドは元々バランスの取れた楽器に適している、そんな傾向があるように思われる。

 これら多種に及ぶエンドピン、良かれと思って技術者達は開発してくれているのは分かってはいるんだが、選択肢が多いというのはその分時間がかかり、これはこれで非常に悩ましい。結局はどれも長所短所があるということで、つまり‘+’が発生するとその分の‘−’が発生し、仮に‘−’が発生するとその分の‘+’が発生するというバランスの法則なんだから仕方ないんだが、後は本人と楽器とエンドピンの三者が時間という器の中でどのように融合・調合されていくか、全ては自然に任すしかない。

 さてさて私の場合はどんな融合・調合になっていくんでしょう??これほど期待と不安ががっぷり四つになるのは、30うん年前の楽器を始めた頃以来じゃないかなあ。ふりだしに戻るというのではないが、完璧なリスタートがやって来たかな。

S H I N T A R O


(ちなみに私は タングステン99.9 というエンドピンにしました)