< シリーズ “想い”  その 105 >

♪   WBC V   ♪
【 2009.4.25】

 もうあれから1ヶ月が経ったが、ほんとに大したもんだ。V2 ですよ!!ぶっちゃけ野球がこれほどチーム力がモノを言うジャンルだとは思わなかった。前回の優勝の時は、これでアメリカにそしてメジャーに確実に肉薄したと思ったんだが、スタイルは違うとは言え今回の勝利で韓国も含め日韓の野球は本家を完全に捕えた、と断言できる。

 日本の選手(もちろんコーチやスタッフも含めて)の何が凄いって、とにかくめちゃめちゃ基本が出来ていて、基本に忠実でありながらここという時には基本から離れるという基本まで理解している点だ。これは分かっていても そうそう できることではない。日本の野球は年月を掛け、国民性かもしれないが、マジメにコツコツと積み重ねてきた苦労と努力が完全に一つの山を築き上げた。もちろん彼らは今後もうぬぼれず、謙虚に歩んで行くことだろう。もはや歴史と経験は必要不可欠と言っていい。

 基本と言っても単純な基本から複雑な基本、経験から得られる基本に考察・洞察から導き出される基本etc.、それらは膨大な範囲と量になる。勿論それはどんなジャンルとて同じ。我々の世界であるJazzの即興演奏もこれまた実に多くの基本を習得していかなければ結局は何も見えて来ない。基本の習得と基本に対する忠実感、それに基本からのはみ出しという点において日本の野球と全く同じ話だ。

 一人の突出した選手のみの話なら聞いておしまいなんだが、日本の野球は選ばれた選手全員、いや候補に上がった全員が膨大な量の基本がしっかり出来ていて、且つ常にそれに忠実でさらにここ一番基本に縛られない勇気さえ合わせ持っている。日本人の力の源はコツコツ積み上げる忍耐力とどこまでもアゴを引いた謙虚さなのではないだろうか。

 軽はずみなリップサービスはビジネスには役立つだろうが、それで力を発揮できるほどもう易しい世界(レベル)ではない。しかし、イチローという天才打者はさらに上のバランスとポテンシャルを求めて一見リップサービスとも思える発言をいくつか発したが、その彼があの始末で、それでもみんなが彼の行動を理解し、彼のために最後の一振りをお膳立てしてあげた(結果的にそうなってしまっただけかもしれないが)全員のレベルはとても素晴らしかった。だから優勝できたんだが、スポーツであれ音楽であれ、基本を所有する者の集合体からはとんでもない力が発揮され、見る者聞く者に間違いなく感動を与える、ということが証明されたV2でもあったように思う。

 我々ジャズメンも謙虚に基本構築をまずは手掛け、基本を知る者を一人でも多くこの世に登場させることがもっとも迅速且つ最短でJazz 界の発展と反映につながるだろう。我々の世代の仕事は、まず何が基本であるかを見抜き、導き出した数多くの基本をできる限り多くのプレイヤーに伝えていくことだと思う。

 基本力(きほんぢから)にバンザイ!!! そして V2 にバンザイ!!!!!



新    太    郎