< シリーズ “想い”  その 104 >

♪  ア ド バ イ ス   ♪
【 2009.3.25】

 

 最近、なんだかんだ年を食ってきたせいか、下の世代から アドバイス を求められることが徐々に増えてきている。少し前までは、そんなものを急に求められても・・・・・、てな感じでかなり言葉に困ったが、今ではできる限りその場で横切ったフレーズや話をスパッと言うことにしている。

 というのは自分のケース(自分のことを誰かから指摘される)の時でもそうなんだが、それはその人に言われているのではなく、こちら(自分)からその人にそれを言わせている、と思えてならないからだ。理由は、ずい分昔にこれまで知らず知らずの間にある誰かに言ったことで、例えば10年ぶりとか20年ぶりに あの時新太郎さんにこう言われて今までそれを忠実に実行しているとか、あの時の一言は忘れられないなどと昔のことを掘り起こされて回想コーナーなんかが始まったりした時に、はっきりこちらがその人にそのようなことを言ったことなどこれっぽっちも覚えていない、又はそのようなことを言ったかもしれないが、私自身の言い回し(フレーズ)じゃない言い回しで先方が入力してしまっているケース。一見同じようなケースだが、こちらもその当時のこと覚えていて、言った内容も言い回しもしっかり把握しているケースで、先方はこちらの意図とはかなりズレた所での話で捕え、違ったフレーズで入力し、でもそれで納得してしまっているケースが結構多いことなど。
 要は、言われる側はかなり自分の都合のいいようにこちらの話を解釈し取り込んでしまうのだ。よくよく思うに、おそらく自分も そう している!きっと、そういう言葉が欲しいんだろう。具体的な明確な言葉のフレーズを求めているのではなく、頭の中のどこか奥の方の隅っこに漠然としたイメージがあって、それを目の前の相手にテレパシーか空気で送信してしまうんじゃないだろうかと。となると、これはどうやら自分が言っているのではなく、目の前のその人にそう言わされている、又はその人が自分に向かって言っているのではなく自分がその人にそう言わせている、ということになる。たぶん同じような感触を感じている方は多いのではと想像するんだが、人間何歳になっても他人からの助言・アドバイスはとてもありがたいもので、それは年上からでも年下からでもどちらからでもいい。もちろん性別も問わない。ただ、年を取ってくると年々言われることが減ってくる。それでも助言はぶっちゃけ頂きたい。当然若いうちの助言は大量にあればあるほどいいに決まっている。ならば、アドバイスを求められれば それは こちらサイドの責任を負うことの一切無い、ちょっと無責任的なスタンスで言うことでイコールその人が求める話に自動的になっていて、ズバリそのものドンピシャなら言うことはないし、どのみち何かに刷りかえられて入力されることもあるんだし、その辺はこちらサイド(言う側or言わされる側)も思い切って言ってしまえばいいんじゃないかと思うのだ。

 これまで正直、言ってしまった事で相手を傷つけてしまわないだろうかとか、ばっちりな言い回しがその時に出ないんなら言わない方がいいのではとかという思いが交錯し、つい逃げ腰気味だったのがここにきてそれは、言うのではなく言わされるのだから、と思うようになりスパッと言うようになってきた。一つ興味深いのは、こちらがそのようなことを言うつもりが全くないのにとっさに何故か口走ってしまうことが稀にあるんだが、それでもそれが妙に納得され瞬時に受け入れられる時がある。これこそはいわゆる神のお告げとも言える‘言わされてる状態’なんじゃないだろうか。


 言った側は忘れるが言われた側は忘れない、などとよく聞くが実態は、言わされた側は忘れるが言わせた側は忘れない、が正しいように思う。結局は言わせる側がその言葉を求めるが故に、言わされる側はそのフレーズをつい言ってしまう。ま、要するに全ては言わせる側の問題ってことなんじゃないかな〜〜って。それに、ちょっとキツイことを言われても、自分が言わせてると思うと腹も立たないしね。




              新     太     郎