< シリーズ “想い”  その 103 >

♪  インシュレーター & ボード   ♪
【 2009.2.25】

 

一体全体あなたはどこまで行くんですか?杉岡さん(名指しですみません)

 2月1日、またしても衝撃に襲われてしまった。今回二度目となる再会とあって、それはそれは自分的にはこれ以上ないほどの期待感とそれでも踏みとどまれる精神力を搭載してのインシュレーターとの再会に、2ヶ月も前から準備してきたのにもかかわらず、これは兄弟分に当たると言うべきなのか、なんとインシュレーターの下にまるで座布団のようにボードが座っているではあ〜りませんか?!! そう、大阪日本橋電気屋街での昼間のデモンストレーションの際に思いもよらぬ兄弟分(ボード)の出現で、とどまれるはずの精神力がいとも簡単に木っ端微塵に粉砕されてしまったのだ。あるとないでこも違うのか?!! 前回、昨年の10月の時にインシュレーターと初対面で、あの時は踏みとどまれる精神力など準備していなかったのですんなりやられてしまったが、同じ「こうも違うのか?!!」でも今回はインシュレーターとの協力体制なので、それはまるで 10 + 10 ではなく 10×10 の威力で、ぶっちゃけなすすべは一切なかった。正に次元が違う感じで、それはアッという間の出来事でアッと驚く通快感だった。

 この夜はグリーンノートにて、2Bass&1Guitar のライブ。関西にいる頃からの気心の知れた連中とのライブなので音楽の方は普通に単純に楽しめたのだが、やはりライブが終わって楽器は片付けられる訳もなく、小休憩後インシュレーターGN−3(ノーマルタイプ)GN−3’(新太郎スペシャル)、それにボードが2種類、楽器も2台に弓も2本。これにベースプレイヤー4人が入れ替わり立ち代り試奏が始まったもんだから、ここからライブ2set 分が始動してしまった。その組み合わせは一体何通りになるのか。インシュレーターなし、あり、ボードのみ、インシュレーター&ボード、それが2種類ずつの組み合わせに、楽器、弓、人が入ってくるのだからどこまででも続いてしまう。人の音を聞くとまた戻ってさらなるチェックが始まるし、グリーンノート恒例の「地獄巡り」がなければこの試奏だけで恐らく朝まで続いただろう。聞くだけの人も含め全員の目がどんどん輝いて来る。音楽を愛し、楽器との触れ合いをどこまでも続けたくなる、このインシュレーター&ボードの繰り出す世界。イヤミは一切ない。極上の耳ざわりがそこにあるだけだ。音量感は確かに上がる。しかし全くうるさくない。それどころか一粒一粒が際立ち、見事につながり、そして実にまろやかに共演者ともブレンドしていく。一度この音を耳にしてしまうと、もう後戻りはできないのだ。

 杉岡氏の音への探求の触覚と閃き、それに伴う現物を創造する情熱と技術。私にとって彼はとうとう計り知れない存在になってしまった。もはや自分の身を挺して彼の織り成す世界を体感していくしか彼を知る方法はなくなってしまったのだ。そんなある種敗北感漂う中、帰京後仕事の際にいつも車で移動中、最近はよくクラシックを聴くのだが、なんと安物のカーオーディオのスピーカーから「地獄巡り」で体感した杉岡氏宅の超絶品のオーディオ機器のサウンドに肉薄するかのごとく、ベートーベンの細部にいたる音符が隅々まで一音一音一粒一粒耳に飛び込んできて、それはまるで車用のインシュレーターを装着しているかのように(すみません、以前杉岡氏に尋ねた時に車用のインシュレーターはありえないと言われてました)聴こえてくる。何ということだろう。正に耳にインシュレーターをはめ込んだみたいな感覚になり、まったくもって予想外の最高のお土産付きとなったのだ。

 現時点で思うに、杉岡氏の織り成す世界の役割とは、音楽にたずさわる全ての人々の‘心’を浮き彫りにすること、なんではないだろうか。何故なら、インシュレーター&ボードによってライブ、レコーディング、オーディオ等の、隅々までかかわった人全員のハートが感じられるからだ。プレイヤーやコンポーザー,アレンジャーなどのハートは大抵の場合わかるが、エンジニア、プロデューサー、楽器製作者にハードをつかさどる録音機材・機器の技術者に各オーディーオメーカーのオーナーの心意気までもが筒抜け状態で感じられるんだから、もう‘異次元’と格付けするしかない。

 今後、インシュレーター&ボードと付き合っていくことで何が感じられ何が見えてくるのかは、もうまったく想像がつかない。使い勝手,感触,環境対応へのバリエーション等の話はしばらく色んな角度で付き合ってみてからということになるが、、、とにもかくにも大変なアイテムがこの世に登場したもんだ。

新     太     郎