< シリーズ “想い”  その 102 >

♪  で き る こ と  ♪
【 2009.1.25】

 しかしまあ、大変な世の中になったもんだ。大手メーカーの大量人員削除に派遣村の発生。世界的とは言え日本の政治はほとんどコントロールを失いかけている。アメリカでは初の黒人大統領が誕生したが、この先どうなるのか世界中の人々がまったく分からない情勢になってしまった。

 ということは、Jazz界は、いつ、こっぱみじんに葬られてもおかしくない。「恐竜はデカいが故に滅んだ。アメリカの三大自動車メーカーもデカ過ぎて崩壊寸前だ。今は大きい小さいは殆んど関係ない。となると、音楽界の中でももっとも過小評価を受けているJazz界はあんがいギリギリの所で生き延びれるのかもしれない。」などと思いを巡らせるのだが、自然界が厳しければ厳しいほど美しいように、artの世界も厳しい環境ほど優れたものが世に登場して来る例はこれまでの歴史が物語っている。。。となると、Jazz界に今そのチャンスが来ているのかもしれないし、Jazz界にそんな変革が待ち望まれている証しであり予兆であるのかもしれないということになる。とは言え、それはとてもハードな真っ只中を生き延びたものだけがゲットできる栄冠ということだが。

 楽観的に言えば、今回の世界的大氾濫を何とか乗り越えさえすれば、幸せな日々はやって来るだろうしそれはしばらく続くだろうが、我々Jazzmenはこの荒波にどっぷり身を任せ、揉まれ、それでもこの嵐がいつの日か治まるであろうことを信じ、今やれることをただひたすらやるしかない。嵐がいつまで続くのか、いつ変革が訪れるのかは全くわからない。ただ、いよいよ嵐に突入したのだけは確かな事実だ。

 変革が訪れるのはもっとも理想的な話だが、現実的にはライブで‘元気’を供給するという社会貢献が単純に明解な行動になるだろう。いいかげんな音楽は限りなく大ひんしゅくに見舞われる。それだけに気の張ったライブか、はたまた超癒し系のリラックス感たっぷりのサウンドを提供するか、どちらにせよかなり性根の入ったものにしなければ存続は難しくなる。

 ただ、一つ思うのは、個人に走ってはいけないことだ。できる限り多くの人達と力を合わせない限りこの難局は乗り越えられない。人間がもたらした問題は人間が解決するしかない。一人一人はちっぽけでも力を合わせれば必ず何かが始まる。

 ベースプレイヤーができること、ジャズメンができること、アーティストができること。老いも若きもカテゴリーは色々あれど、全力で接していくことこそが打開の道であることは言うまでもない。

みんな、がんばろう〜!!

                            新   太   郎