< シリーズ “想い”  その 101 >

♪  心 い き  ♪
【 2008.12.26】

 

 ジャズメンを育てるのに必要なのは、最低限の楽器の基礎技術を教えるのと 心いき を言い伝えることだろう。あとはライオンじゃないが、世の中にほっぽり出すのが一番いい。そうすることによって個性は保たれその人のみに必要な技術の開発が可能になり、Jazz独特の‘個性的プレイヤーの成立’が誕生することになる。やはり紙一重のギリギリの成長過程こそがたくましく立派なJazzmenを生むことになるように思う。現在のやり方(学校等の教育機関)は、もしかすると育成においては失敗かもしれない。必要以上に教え過ぎ(技術面)、知識ばかり(理論面)が先行し、もっとも肝心な知恵をしぼるという工夫が始まらないからだ。つまり、要修正で抜本的見直し(なんだか政治家みたいですが)がいるのではないかと。

 問題は技術面、理論面ではなく知恵をしぼるための 心いき の伝承だ。間違いなくハートのいいプレイヤーに教わるのはもっとも理想的であることは言うまでもないが、そんなハートを持ったプレイヤーがごく僅かしかいないという現状こそが実は大問題。技術や理論はいくらでも勉強できるし、新しい事を取り入れるなんて事も日頃から注意を払っておけばそのうち見つかるだろう。しかし、 心いき だけはそうはいかない。心いき を学ぶには、学びたい側がそんな心いきを持ったプレイヤーを探し当てるか、はたまためぐり会えるかが何よりなんだが、それこそが非常に確率が低く難しい。 食関連には口コミがあるが、目に見えない世界の話はとかくいい評判は広まらないのが日本の文化レベルの悲しい所でもある。心いき を持ってるプレイヤーは自分からしゃしゃり出ることは一切なく、それだけにこの日本では中々知り合うことも、めぐり会うことも難しいという訳だ。しかも学ぶ側は通常、明らかに成長を実感できる技術面や人目を向けさせる目先系の新手法を好みがちになり、目に見えない、実感・感触が難しい、さらに人目とは全く遠く離れた自分自身の心の中を見つめるなんてことは、さらさら思いもしなけりゃ気づこうともしないからますます難しい。
 はっきり言って、心いき をもったプレイヤーに出会えた人はとてもラッキーでその出会いとその後は何より大切にしないといけないし、学んだ 心いき は次の人にバトンタッチされるべきでもある。ま、ハートがあるってことだからバトンタッチは自然のうちに行われることになると思うが、何人の人にバトンタッチができるかが今後のJazz界の発展のカギになってくるだろう。もちろん、心いき を自分自身でつかみ取ることは不可能でないばかりか、自身でつかみ取ることこそ真の姿であることは言うまでもないが,自力ゲットは極めて困難であることは間違いない。ちなみに、私の言うところの 心いき とは、ジャズに対する高い志と情熱、と言ったところだろうか。

 心いき の重要性は、いくらいい道具がありいい素材があってもいい料理人がいなければ美味しい物はいただけないのと同じで、いくら高度な技術を持っていても、いくら獲れ立ての新手法があっても、プレイヤー(共演者)及び聴衆のハートにダイレクトに訴えかけれるハートを持った人でなければ、それはやはりただの音のら列にしか過ぎなくなる。よくある、上手いんだが来るモノがない、というやつだ。実に一般的な言い回しになってしまうが、Jazzはハートがなければ何の意味もない。ずっと以前はこのハートのことを ソウル と言っていたが、この場合アメリカの黒人差別から発生する反抗心のようなものに取り違えられ易いのと、我々日本人は反抗心を前面に出すような歴史を背負っていないので‘ソウル’とは設定しずらい。やはりこれは、純粋に音楽を愛する心そのものをさす‘ハート’ということになると思う。という訳で、現在の教育機関はこの点をもっともっと考慮し、抜本的な・・・・、も いいっかぁ〜。


 心いきを持ってる人、心いきを持てた人、心いきを持った人に出会えた人、いい音楽をやっていこうではあ〜りませんか!!

                            新   太   郎