< シリーズ “想い”  その 99 >

♪  修  正  ♪
【 2008.10.30】

 いつになったら修まるんだろう?

 ここ4〜5年の間に右手・左手の奏法の手直しがおおよその数だが 20 近くになる。それ以外にタイムセンサーの微妙なポジショニングの手直しが5ヶ所ほど。これは体全体の立ち姿の微妙な調整と言った方がいいのかもしれないが。

 20代〜30代にかけて色々なことを色々な人達から教わり、習得し、消化し、形成してきたんだが、30代終わり頃〜40代後半にかけての約10年間をやって来た結果、手直しが発生したという訳だ。10年間何度も訪れる不都合はやはり修正せざるをえない。で、いったん修正が始まると次から次へとじゅじゅつなぎ。この修正が何年続いて落ち着き、自分のスタイルが完成するのか、はたまた生涯修正が続いていくのか、まったく予測がつかない。

 天才と言われる人はハナっからいい状態でスタートしているのもあるだろうが、それがどんな状態であれ無修正でいっちゃうんだろうか?それとも人には分からない所で修正してるんだろうか? 一度本人に聞いてみたいもんだ。もっとも私の知り得る限り天才はチャーリー・パーカーにジミー・ブラントン、ポール・チェンバース、スコット・ラファロ、クリフォード・ブラウン、それにトニー・ウィリアムスくらいなもんで、聞こうにも聞けないんだが。ま、どのみち聞いた所であまりのハイ次元で理解不可か、天然のあまりシンプルすぎて役立たない可能性は極めて高い。結局、音楽は良ければそれでいい!の一言で まとめ が入っておしまいの流れが現実的だろう。

 理屈を必要としない天才は心底すごい。ただ、天才は土台となる土壌が満たされないと現れないので、天才以外の人たちが日々精進して土壌を満たすしかない。天才は我々人類の代表だが 短命 という厳しいハンディーを背負ってだから気の毒と言えば気の毒だ。しかし、彼らの登場で物事がはっきりするのは確かだし、そこからまた次の土壌作りに向けての様々な投げかけは真摯に受け止める必要がある。と、考えてしまうと今の自分は少しずつでも修正を加えていかなければならないことになる。天才以外は天才肌も含め、皆 大なり小なり修正がいる(天才に修正なし!という大前提での話だが)。

 とにかく3ヶ月〜半年に一つのペースでの修正は、自分にとっての励みでもありちょっとした生きがいにもなってきてるので、+(プラス)は+(プラス)なんだが、この先自分が何処に行ってしまうのか正直不安でならない。

                              Shintaro