< シリーズ “想い”  その 10>

♪  あれから20年  ♪
【 2001.1.29 】

New York に行く前の年、1981年にマックス・ローチカルテットが来日し、大阪の某ライブハウスにそのライブを聞きに行った時に、ベースのレジー・ワークマンがおもしろい奏法をやっていたので終わってから「あれは何という奏法なのか」と尋ねた所、「フラメンコ奏法」と答え、以来忘れた頃にふと やってみてはいるんだけど、練習では何だかんだ‘こうかな ああかな’と追求はしているものの未だこれといったいい練習方法が見つからない、もう丁度20年になるのに。衝動のスパンがなにせ長いもんだから、せっぱつまってこないし、というのが「見つからない」一番の原因なんだろうが、あまりのフラットに自分自身が情けなくなってくる。
 適当にまねごと程度ですませられないこともない、そんなベースの主たる技術から遠ざかっている‘しろもの’なのだが、ここらでちょいと確立めいたものが欲しくなってきた。
で、新世紀 意も新たに 取り組み始めてはいるものの、これが中々のくわせもので、立派なものにするのにとりあえず莫大な労費と時間がかかるのがわかってきた。
  ものにするのか、ものにしたいのか、ものにできるのか、こんな厳しい問いかけをしなければならなくなってきた、はっきり言って知らなくてもいい奏法に対して! 「え〜い乗りかけた船だ やってみるか」と言う方がいると思えば、「バカなことはやめときな」と言う方もいたりして、自分の中にこう何人もいると何が何だかわからなくなって、そこに「考える間があるなら練習しろ!」なんて言う方まで出てきて始末に悪い!! 
どこでこういう構造になったのか、元来こうなのか、と考え始めるといよいよもって メリーゴーランド!!!
  あぁ〜 思いやられる新世紀の幕明けとなってしまった。 トホホ・・・
                               

    新 太 郎