< シリーズ “想い”  その 1 >

♪  BassやGuitar,Trombone  ♪
【 2000.2.3 】

 

最近、アメリカベ−スボ−ルのメジャ−リ−グでは、ショ−トストップのプレ−ヤ−などが、横っ飛びで捕球し、間一髪でアウトにするようなファインプレイよりも、同じ所に飛んだ打球でありながら正面で捕り悠々とバッタ−ランナ−をアウトにしてしまうプレイが大変評価されるようになってきている。
 選手やコ−チはすでに以前から、そういうものを望んでいたし、できるプレイヤ−を高く評価もしてきたんだけど、アメリカのいい所は、ファンがそれを認めるようになった所がすばらしいと思う。
 見た目はとても地味なプレイになっているにもかかわらず、すでにファンはとんでもないことをCoolに涼しくやってのけるプレイに大きな拍手を送るようになって、やる側とみる側のとてもいい関係がそこにはあると思う。
 何がいいもので、より質の高いものなのか、それを見た目の派手さでなく内容をしっかり見抜ける環境が整っているのがとてもうらやましい。
 JAZZの世界も一見地味に映るBassやGuitar、Tromboneといったプレイヤ−へのまわり見方が変わってくればなあ〜とつくづく思う。
もちろんそこには、一見地味だが質・内容の高いものという条件は必要不可欠なのは当然だが、質のわかる人達の形成する環境ってほしいな!!!

                   
                    新 太 郎