" 耳 寄 り " 

           
                      
         
                    ☆★ ストレッチメニュー   ★☆
                                             【 2004.4.25 】

                                    
   昨今、予防医学が盛んに言われるようになって来ているが、どうやらベース(広く
言えばミュージシャン)にも適用した方が良さそうだ。 今回は、演奏後,練習後の
ちょっとしたメンテナンスのお話です。

 演奏後,練習後、そのままに放っておくと疲労がたまり易い上に故障の原因(け
んしょう炎とか筋肉痛)になりかねません。そこで、After Care でストレッチを行い
ます。

 まず、右手は上へ,左手はぶらりと下げて、右手はより上へと,左手はより下へ
とストレッチ(伸ばす)させます。同時がいいですね! そう、約10秒くらい。
 次に、右手と左手で手のひらどうしを合わせて、まず右手の指先で左手の指先を
押し込み、いわば左手を‘握る’方向と逆方向にストレッチさせます。同じ作業を左
右反対にして行い、これを数回程度往復して下さい。
 これで完了! 後は物足らないように感じたら、手の上げ下げと指先ストレッチを
もう一,二回同様の手順やる程度でいいです。

 こうしておけば翌日の筋肉,スジ etc.の状態が非常に良くなり、筋肉の反復練習
による記憶力も促進され、故障も激減! ベースプレイヤーのみならず、他のイン
ストロメンタルの方にも、上手くこの話を応用して実行し、長年に渡って継続して頂
きたい。 基本は反対方向へのストレッチ。 恐らくさほど難しい話ではないので、
少考の上、工夫しながら自分なりのショートメニューを立ち上げてほしい!

 パーフォーマンス(演奏or練習)後のメンテナンス、重要です!!!

 その他、細部にわたってもあくまで基本は使った筋肉の反対側へのストレッチ。全
工程 約30秒 、歩きながらでもやれるので必須のつもりでやって下さい。