――  第 九 話  ――



              後   記

これまで八話に渡って話をしてきましたが、実を言うとこれ以上の話は言葉では非常に困難になります。しかし、やり始めの右も左も分からない時期での話は教則本では中々取り上げられないので、今回少しでもと思ってこのような説明をさせて頂きました。音の世界の話を言葉や文面で伝えるのはかなり無理があるのは承知の上ですが、何度か読み返し、何度か試しながら理解されていかれることを切に希望致します。



 私の著書の中にも少し記述していますが、他のジャンルではベースにはかなりの拘束感があります。しかし、Jazz のベースには信じられないくらい自由な世界があり、サックスやトランペットなどのフロントプレイヤーと同等の表現の場があります。勿論それなりの勉強と練習は必要ですが、やればやるほど楽しくなる、そんな世界です。そして、それはいつまでも尽きることはありません。ただ、ウッドベースはかなり難しい楽器の一つで道のりは決して易しくありませんが、生涯を通じてベースと共に素晴らしい人生を築かれることを心より祈っております。



Enjoy Bass,Music Life!!



ありがとうございました!!!



S H I N T A R O