――  第 八 話  ――



☆   
スケール練習について <そ A>

 2オクターブ間のスケール練習の段階に入ってくると下降のスケールが難しいのに気付きます。恐らく何故か殆んどの楽器でそうなっていますが、ベースも例外なく下降のラインは難しくなります。今回はこの時の注意点です。

 第三話の時に話をした親指の状態がまずは重要で、これが斜めになったりずれていたりすると下降のラインは実現しません。次に大事な点は、決して肘や手首が先行してしゃくり上げないことです。コツとしては手首と肘の中間辺りに意識を置いてそこに糸をくくり付けまるで操り人形になったかのようにその Point で腕を上下させます。この一点集中型がもっとも肩,肘,手首の関節の動きが連動してきます。

 もう一つ、各ポジションでの指の開き幅も腕の上下に合わせて徐々に変化させます。以外に癖付いてしまうのがポジション移動の際に指の開き幅を一旦狭め移動後に広げ、又次の移動時に狭め、そしてまた着地時点で広げて、といった具合に交互に指の開き幅が入れ替わることで、これはよくありません。スケール練習では上降&下降共にあくまで‘徐々に!’です。