――  第 七 話  ――



☆   
スケール練習について <そ @>

今回はスケール練習をする時に見逃しがちな話です。ウッドベースにはギターにあるフレットがありません。そこで重要になってくるのが ポジショニング そのポジションでの各指の 開き幅 です。この2点がしっかりしないことにはいつまで経っても Pich は不安定なままです。何度も練習するのは言うまでもありませんが、大事なことは中身の濃い練習を反復していくことです。そこで今回の話です。

 スケール練習の時に、出している音やその音を出す為に使っている指に注意していくのは当たり前のことですが、見逃しがちなのはそのポジションで使っていない各指がちゃんとそのポジションでの 開き幅 になっているかを注意していくということです。これを怠るとPich の安定感が身に付くまでに何倍もの時間が必要となってきます。特に人差し指で弦を押さえて音を出している時は中指,薬指,小指が人差し指側に引き付けられてしまいますが、出来る限り正しい開き幅になっているように踏ん張ります。もっとも見逃しがちなのが開放弦の時で、この時とばかり休憩を取ってしまうのですが、この時(恐らく殆んどのケース、Half Position st  Positionにおいて)でもしっかり 開き幅 に気を付けてスケール練習をしていって下さい。とにかく、使っていない指に気を配るということです。

 もう一声、Half Position st  Positionを注意するとなるとどうしても覗き込むような状態になってしまいます。そこで鏡を活用することで姿勢を崩さずに Check できるのでオススメします!