――  第 六 話  ――



☆  
右 手 の 話  <そ の A>
 ピチカートをする右手のニュートラル位置が決まれば次は 弦高の話 です。
 左手の話からずっとニュートラルな基準(位置)を言い続けていますが、ニュートラルとは言わば万人の平均値のようなもので、平均値を見定めた上で例えばですが、たまたまの判断で右へずれた場合に違和感があればあなたのタイプは左側へずれた所ということになり、要するにど真ん中を知ることで自分の位置の発見,発掘に費やす時間がかなり短縮されるというメリットがあるので、何度もそして今回も‘ニュートラル基準(位置)’を言っています。 
 さて本題の 弦高の話 です。弦高調節は右手の人差し指と中指がピチカートをする瞬間に本能的に安定性を保つ為に軽く指板に触れていきますが、この時の人差し指と中指の指紋の中心(もしくは渦巻きの中心)に弦が触れてくるように弦高を調節します。基本的な調整のやり方は、まず合わせた2本の指(人差し指と中指)の指先が同時に軽く指板に触れた状態でG線が指紋の中心に来るように弦高調節をします。後は僅かずつ(0.5mm程度位ずつ、細かい話ですが)弦が太くなるに連れて高めをSetしていきます。始めのうちはこの状態でも少しキツイかもしれません。その時は全体的にこれより低めにSet し、後に先ほど説明した位置に戻してあげるといいでしょう。ここで言う指紋の中心とは、野球のバットで言えば芯にあたる所で、ここで弦を捕えると体重がぐっと乗り易く、Beat 感があり、音質のクオリティーも良く、歯切れも良くなります。
 楽器の習得はとにかく‘微調整’が命です。繰り返される微妙な世界の連続に諦めるのではなくむしろそこを楽しんでいく心意気でやっていきましょう。話が一瞬反れ掛けましたが、この弦高の話も個人の好みがあり、この高さを基準に高め・低めは時間をかけてゆっくり絞り込んでいって下さい。近年はブリッヂにアジャスターという便利なモノがあるので当面はこれを使用することをお勧めします。

 右手の話<その@>で、ニュートラル位置からブリッヂ方向又は反対方向にずれると音色が変わる話をしましたがもう一つ、音色の変化の種類があります。それはピチカートをする方向です。例えば、G線をピチカートする際にD線に向かって(感覚的に言えば真横に)ピチカートすると Dry のカラッとした音色になり、指板方向にやや押し込むようにピチカートすると Wet のズシリタイプの音色になります。これも最終的には好みですが、まずはこの二方向の中間の方向から練習を始め、くどいようですが時間をかけて両方のタイプをトライし、後に微妙な好みの方向を選択していって下さい。