――  第 五 話  ――



☆   
右 手 の 話  <そ の @>

ピチカートの右手の位置は、左手がもしもし位置に来ていることを確認した上で、ぶらりと腕を下げた状態からスーッと自然に右手親指が指板の横板面に当たった位置がニュートラルな基準位置になります。
 まずはこの位置でしっかりと練習を重ねて下さい。ちょっとした音色の話ですが、ニュートラル位置での音色に対して、硬めの音色を求める場合はややブリッヂ側へずらしてピチカートし、逆に柔らかめを好む場合はブリッヂと反対方向へ少しずらすことで音色は柔らかくなります。

 この右手のニュートラル位置はもっとも指先に体重が乗っていく姿勢で、トーンもシャープになりリズムもキープし易いのですが、ここから外れるケースではとなるとかなりの力が余分に必要になったり、姿勢の崩れから背骨や腰への負担が発生する可能性が出てきます。ただ、他人事のようですが、興味深いのは力が要る分,姿勢が崩れる分、個性的な音になるケースがあります。しかし、個性的な音は反面疲れ易いというリスクが生じます。やはり、なるべくニュートラル位置をお勧めします。理由は音(ラインやフレーズ)の選択で十分個性が反映されるし、人それぞれ骨格が違うのですでに十分個性的です。それでもやっぱりという人は好みの方面にずらして頂くのは何ら問題ありません。

 ピチカートは人差し指と中指の2本を合わせて行うのが基本ですが、後に人差し指1本(レイ・ブラウンスタイル)にしたり、変則ピチカートへの移行は各個人自由な選択になります。

 という訳でニュートラル位置以外は全て個人個人の好みの世界となりますが、じっくり時間をかけて自分なりの微妙な位置関係を探っていくようにして下さい。色々と移動した後で元のニュートラル位置に落ち着くケースも十分考えられます。