――  第 四 話  ――



☆  
左 手 の 話  <そ の B>

 弦の押さえ方です。まず、指先の弦に触れる位置ですがノーマルな基準として指紋の中心(又は渦巻きの中心)部と指先の先端部の中間辺りで押さえるのが基本的です。
 余りにも指の先端部で押さえると爪がじゃまをし、逆に指紋の中心部付近になると隣の弦も同時に押さえてしまうことになるので、この辺りという話です。

爪の話が少しでたので補足しておきますが、爪は徐々にで結構ですのでやや深爪気味にしていきましょう。これは後々のHighPositionの為でもあります。深爪にする際は必ずヤスリで徐々に後退させていって下さい。決してCutしてのいきなりは避けましょう!

次に、弦を押さえる方向があります。ただ何でもかんでも弦が指板にくっ付けばいいという考え方は無くしましょう。
 重要な Point は弦と指板が最短距離で接していく方向に先ほど冒頭で説明した指先で押さえていきます。数学的に言えば、指板は Arco()奏法の為に丸みをつけてあるので、この丸みの面上に垂線を下ろす方向が正しい弦を押さえる方向となります。
 この最短距離を取る意味は、まず音の立ち上がりが Clear になり、音が力強くなります。そして最大の利点はタイムディレイ(音の立ち遅れ)が極端に少なくなることです。垂線を下ろさずに、わずか数度でも斜めにズレルとこれが以外にかなりの音の立ち遅れを招きます。音の立ち遅れはリズムがスウィングしない上に、スピード感もなく、ただただ重苦しい音にしかなりません。

 正しい弦の押さえる方向を身に付けていきましょう!