――  第 三 話  ――



☆ 
左 手 の 話  <そ の A>
 左手は中指と親指がネックを握った時に対面の位置関係になっていることがとても重要です。親指が人差し指や人差し指と中指の中間の対面辺りになってくると、スケールで言えば下降のラインが大変難しくなるばかりでなく、ピッチの不安定を招き、ゆくゆくは小指への負担の増加で小指が関節炎やけんしょう炎になったりします。ただ、冒頭で述べた‘対面’の状態をキープして練習していくのは始めのうちはかなり大変ですが、後々の音質のクオリティーには絶対に欠かせない重要な事なので必ず守って練習を行っていって下さい。
 ネック上での左手親指の位置の話ですが、中指の対面に位置していることを確認した上で基本的な動きは、ネックの指板の反対側(裏側)の山の頂点(ここでは仮に‘峠’と言わせて下さい。あくまで説明上の言い回しです。)を境に、G線及びD線上をプレイする時は親指は体サイドに位置し、A線及びE線線上をプレイする時の親指は峠を越えて体サイドと逆側に位置します。別の言い方をすると、ネックを今仮に輪切りにしたとして、輪切りの中心点を軸にプレイをする弦と親指が一直線になるような状態(第一基本)、と言えるのですが、この辺りが文面説明の一番難しい所で見てもらいながら説明を付け加えると1分で話が終わるようなことなんですが、なんとか最大限の想像力を発揮して頂いて理解していって下さい、一方的で申し訳ありません。
 基本的な話をご理解して頂いたとして、Jazz はご存じの通り即興音楽です。あらかじめフメンがあってその通りに演奏するのであれば、先ほどの基本(第一基本)どおりでいいのですが、即興状態では次に何が起こるかは誰にも予測がつきません。そこで全てのケースに対応を踏まえた上で親指の基本的な位置があります。それは、峠を越えた体サイドと逆側に峠からほんの僅かだけずれた所、具体的に言えば1〜3mm程度の所に位置し、ポジション移動の時も常にその位置をキープして上下移動を行うのが理想的(第二基本)です。極端に峠から離れた状態でのポジション移動は音質の低下を招く原因になります。

 演奏経験が豊富になられた方はここから更に第一基本と第二基本合体させた臨機応変型にすすむのもいいでしょう。ただ、あくまでベーシックには第二基本(Jazz演奏が主体の場合)でここ一番のシーンで第一基本というのが理想と言えます